We’ve updated our privacy policy to meet new data protection laws. View Privacy Policy ›

ハイブリッドクラウドアーキテクチャ

概要

Equinix Professional Servicesチームによる、ハイブリッドクラウドコンピューティングの参考導入例をご紹介します。これらは、Equinix Performance Hub™ ソリューションの導入例のうちの2つです。最初のものは、お客様の企業ネットワークの拡張ノードと内のパブリッククラウドサービスをつなげる直接接続です。2番目は、エクイニクス内でプライベートおよびパブリッククラウドをつなげるものです。これらの導入例は両方ともEquinix Solution Validation Centers™(SVC)の試験に基づき設計したものです。

 

パブリッククラウドへのプライベート接続

シンプルで一般的なハイブリッドクラウド展開は、エクイニクスのデータセンター内のお客様の企業ネットワーク拡張ノードを通して、Amazon Web Services(AWS)、CiscoのIntercloud Technologies、Google Cloud PlatformやMicrosoftのAzureなどのパブリッククラウドプロバイダーへプライベートアクセスを実現します。

equinix-platform

データの同期とバックアップのために必要不可欠な、データサービスの企業データセンターへの接続のため、IBX施設は本社および支店との間で Metro-Ethernet またはその他の高速ローカルループ回線によって接続されます。Metro-Ethernetは通常、IPネットワークより安定したデータスループット率を提供します。

プライベートクラウドおよびパブリッククラウドへの直接リンク

プライベートおよびパブリッククラウドの両方で実行されるアプリケーションサービスを提供している企業は、Equinix内でのセキュアなプライベート接続でそれらサービスを統合することができます。また、Equinix内のデータセンターインフラを利用して、地域内の事務所を接続することもできます。参照ダイアグラムは、多様なハイブリッドクラウド環境を構築するために、Equinix内でプライベートとパブリッククラウドを統合するさまを表しています。同じデータセンター施設内でプライベートとパブリッククラウドサービスを接続することは、すべてのサービスを同じ LAN 上にあるかのように動作させることができ、データの交換を推進し、アプリケーションのオーケストレーションプロセスを簡素化できます。

equinix-platform_02_la-GL

professional-services

グローバルプロフェショナルサービス

その他の参照設計に関して、またはカスタム化された展開のために当社Solution Architectを要請される場合は、 Equinix Professional Servicesチームにお問い合わせください。