We’ve updated our privacy policy to meet new data protection laws. View Privacy Policy ›

パフォーマンスと信頼性

概要

The 451 Groupによれば、デスクトップ仮想化市場は2016年までに56億ドルに達すると予想されています。この市場に含まれるのは、企業とマネージドサービスプロバイダー(MSP)が仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)をクラウドでホスティングする、クラウドベースのサービスとしてのデスクトップ(DaaS)環境です。エンドユーザーは、これら仮想デスクトップ環境を通してアプリケーションおよびコンテンツへの高速アクセスを行っており、始業時の「ブートストーム」による高いレイテンシーを受け容れる余裕はありません。

高効率のアプリケーションおよびコンテンツ配信

DaaSは、企業が各種アプリケーションおよびコンテンツ配信、パフォーマンス、予算の各要件を満たすために柔軟で、効率的な相互接続アーキテクチャを提供するに当たり必要とされる、単に1つの使用例に過ぎません。 Equinix Performance Hub™は、 企業がレイテンシーを低減し帯域を拡大するためにいくつものWAN最適化手法を活用できるCDNインフラストラクチャを設計するためのオープンアーキテクチャを提供します。

Performance Hubは、エクイニクスの 180+か所の世界中の主要ビジネス市場に配備されているグローバルデータセンターに分散させることができ、コンテンツとアプリケーション配信における距離を短縮し、パケット損失を最小化することができます。また、特定のお客様およびアプリケーションパフォーマンスサービスSLA要件を満たすように設定することができます。それには、メディア資産ワークフロープロセスにおけるビデオストリーミングやMicrosoft Lync環境におけるビデオ会議などが含まれます。

Equinix Performance Hubの導入で、以下が提供されます。

  • ページ読み込み時間を15% 高速化
  • ネットワークホップを27% 削減してパフォーマンスを安定化
  • エンドツーエンド・トランジットタイムの変動を40% 削減
EQ_IMG_Solutions_Content-Acceleration-Performance_img1_380x300

EQ_IMG_Solutions_Content-Acceleration-Perform_Diagram-1_620x399

高パフォーマンス、コスト効果の高いITインフラストラクチャ

Equinix Performance Hubによって、お客様はWANコストを抑制しつつ、CDNの効率およびパフォーマンスを最適化し、本社と支店間あるいは各支店と顧客サイト間のネットワークレイテンシーを低減することができます。また、WAN最適化デバイスを各サイトに配置する高コストを、Performance Hubロケーションだけに配置することにより、劇的に削減することができます。当社の試験結果では、Performance Hubを導入することによって International Business Exchange™ (IBX®) データセンター内 のお客様がネットワーク帯域コストの(平均) 25%以上を削減したことが示されています。

バックアップおよび復旧の簡素化

アプリケーションおよびデータの使用可能性と迅速な復旧は、従業員と顧客に高いエクスペリエンスの質(QoE)を提供するため、および企業の生産性と収益が急停止しないようにするために重要です。ストリーミングビデオプロバイダーの場合、高品質のビデオをリアルタイムで復旧できる機能は、顧客がオンラインサービスのサブスクリプションを更新することと最も近いRedboxロケーションを探すことの差を生む可能性があります。DaaSユーザーにとって、それは机についてすぐに仕事に取り掛かれることと、デスクトップが立ち上がるのを待つのにカフェラッテを取りに車で出掛けることの差を生む可能性があります。

ITおよびアプリケーションとコンテンツ配信インフラを、エクイニクスの 180+か所のグローバルPlatform Equinix™ のデータセンター内で、Equinix Performance Hubを導入することにより、お客様は堅固で信頼できる障害復旧(DR)/事業継続(BC)環境を構築することができます。エクイニクスIBXデータセンターは、世界平均稼働率 >99.9999%の運用実績と、最小N+1の電源冗長性からなる信頼性を提供します。

エクイニクスのデータセンターには 1,600+のネットワークが接続されているので、お客様はサービス復元力と冗長性を確保する 多様なネットワークルート を構築することができます。また多くの場合、データセンターキャンパス内や都市圏内の接続回線は冗長ファイバー回線で接続されています。

本社データセンターとDRサイト間の低レイテンシーと広帯域のリンクを活用することにより、お客様は、エンドユーザーに障害があったことさえ気がつかせずにコンテンツとエンドユーザーへのサービスを迅速に復旧することができます。世界中のEquinixデータセンター内でEquinix Performance Hubノードを分散することにより、グローバルなBC・DR戦略を展開することができます。

EQ_IMG_Solutions_Content-Acceleration-Perform_Diagram-2_620x550

EQ_IMG_Global-Professional-Services_140x140

グローバルプロフェショナルサービス

フルスケールのDR/BC導入を決定する前に、当社のGlobal Solutions Architectが Equinix Solution Validation Centersにおけるお客様のアプリケーションやデータバックアップ・復旧に対するPerformance Hub設計の影響を試験したり測定したりすることができます。