コラボレーションアプリケーション

素晴らしいソフトウェア、不満を持つユーザ。聞き覚えがありますか?

クラス最高のコラボレーションアプリケーションはユーザーの生産性を高めますが、従来のITアーキテクチャはユーザーのペースを落としてしまいます。分散され、モバイルとなった、拡張し続ける世界にわたるユーザーコミュニティがリアルタイムでコラボレーションを行うために設計されたアーキテクチャが必要です。さもないとユーザーのエクスペリエンスを損なうことになります。

供給モデルが重要

レガシーアーキテクチャは、企業が必要とするパフォーマンスを実現するために必要な低レイテンシーおよび近接性に対応することができないのです。ユーザはしばしば使用するアプリケーションを提供するクラウドから遠すぎる場所に所在しており、それらに接続するためのデジタルサプライチェーンに必須のリンクは適切ではありません。

次世代アーキテクチャはインターコネクションを活用

Interconnection Oriented Architectureは、デジタルコラボレーションに必要な、世界中にわたる速度、セキュリティ、パフォーマンスを提供します。それをPlatform Equinix™上で構築すれば、戦略的に人、クラウド、データをどこででも、いつでも、より少ないコストで相互接続するパワーが得られます。

より強化された統制:コスト、リソース、敏捷性

より優れたパフォーマンス:ネットワーク、クラウド、アプリケーション

より向上したセキュリティ:パブリックインターネットの完全な迂回

Interconnection Oriented Architecture™

エンタープライズITの実績ある、再現可能な枠組み

Performance Hub ›

IOA戦略の礎石

Cloud Exchange ›

複数のクラウドへの直接接続

Data Hub ›

プライベート、マルチクラウドエンタープライズストレージ


エクイニクスのInterconnection Oriented Architecture (IOA)は、人、拠点、クラウド、データを統合する変革的なアプローチです。Forresterによる調査は、IOAがネットワークレイテンシーを40%以上低減し、展開時間を加速し、ROIを300%以上増加させることを示しました。

次世代ITの基礎のためのワークショップ ››

関連リソース

インフォグラフィック

デジタルコラボレーショントレンド インフォグラフィック | エクイニクス

セキュリティ、収益、SaaS機能面など、グローバル市場に対するコラボレーションとクラウドインフラストラクチャの高まる影響をご覧ください。

アナリストレポート

インターコネクション 101

451 Researchは、インターコネクションの業界動向を探り、データ生産の増大や、エンドユーザーがいつでもどこからでもデータやアプリケーションへアクセスできるようコンテンツをエッジの近くに移動させる必要性など、将来に影響を及ぼすトレンドについて解説します。

アナリストレポート

Interconnection Total Economic Impact Study

アプリケーションパフォーマンス問題に取り組み、クラウド戦略を採用することは、企業がインターコネクトアーキテクチャを通してデータ、アプリケーション、コンピューティングをネットワークエッジ近くに配置し、ユーザー中心モデルに移行する必要があることを意味します。このForrester TEI調査は読者に...

Twitter

この内容をシェアする

Facebook LinkedIn Google+ Twitter 追加する

お問い合わせ:

電話でのお問い合せ

Contact us by phone
03.5657.1300
Support: +81 3.4520.8118

03.5657.1300
お問い合わせ