We’ve updated our privacy policy to meet new data protection laws. View Privacy Policy ›

どんなクラウドでも重要なデータを保護

フリートライアルを開始

アカウントをお持ちですか。ログイン

3つの簡単な手順で開始

1

セキュリティ グループを作成

ユーザーやアプリケーションがアクセスできる一連のセキュリティ目標を作成します。

2

保護するアプリケーションを選択

REST API または PKCS#11、JCE、CNGプロバイダーを使用してSmartKeyとのインタラクションを行うウェブサーバー、PKIサーバー、キーボールトなどのアプリケーションを追加します。

3

SmartKeyのご利用開始

SmartKeyを使用して暗号キー、証明、秘密などセキュリティオブジェクトを作成、保管、使用します。

データセキュリティの簡素化

クラウド中立の Platform Equinix™上で提供されているグローバルなSaaSベースのセキュアなキー管理・暗号法サービスである Equinix SmartKey™ は、どんなクラウドアーキテクチャでもデータ保護を簡素化します。Smartkeyは、クラウドに近いデジタルエッジでのキーの保管、暗号化、トークン化を提供し、パフォーマンスおよびGRC要件に対応し、正式なユーザーのみにキーアクセスを制限します。

データシートを見る ›

特長

  • 暗号による保護
    正式なユーザーのみが暗号キーにアクセスできます
  • マルチサイトおよびハイブリッドクラウドに対応
    クラウドおよびITデータセンターにわたる全企業単一のキーのサポートを受けられます
  • 組み込みのキー管理、暗号化、トークン化
    S各種インターフェイスに対応 (RESTful API、PKCS#11、CNG、JCE、KMIP)
  • 中央集中型の管理
    企業レベルのアクセス制御と監査ログ
  • プライベート接続
    パブリッククラウドワークロードのオプションあり

メリット

  • キー漏洩のリスクを解消
    共有インフラストラクチャにおけるサービスプロバイダーや政府/州の関係者からも保護する完全なキーの守秘
  • GDPR コンプライアンスおよびデータ主権
    地域別の隔離およびセキュリティによるデータ主権を実現
  • HSM グレードのセキュリティ
    消費が予測可能なことによる使いやすいクラウドサービス
  • 迅速で簡単な統合
    データがどこにあっても一律の制御、AWS、Azure、Google のネイティブな作業が可能
  • 最適なパフォーマンスの実現
    クラウドあるいは社内を問わず、重要なアプリケーション近くのデジタルエッジにキーを保管

1SmartKey は、世界中でご利用でき特定のデータ主権規制に対応するため、物理的なポイントオブプレゼンスは複数の地域に拡大されます。現在、すべてのキーは米国で保管されています。

データを保護。
今すぐSmartKeyをゲット。

Smartkey は、クラウド、キャリア、パートナーに近いデジタルエッジでのクラウドスケールでのキーの保管、暗号化、トークン化サービスを提供し、パフォーマンスおよびGRC要件に対応しています。

451-research-logo-block-600x300

サービスとしてのキー管理が、いかに企業が必要とするセキュリティソリューションとなるかについてレポートをご覧ください。

レポートをダウンロード ›


LL2018 winner badge

2018年リーディング ライツ「最も革新的なセキュリティ戦略」賞を受賞

SmartKey™ に登録する

質問とサポート

プログラム、デモまたはサポートに関するお問い合わせは、smartkey@equinix.comまでお寄せください。以下の資料を含むサポートおよびナレッジベースドキュメントは、support.smartkey.ioで参照できます