Equinix SmartKey®

あらゆるクラウドのセキュリティを制御

Equinix SmartKeyは、クラウドニュートラルなPlatform Equinix®上で提供されているグローバルなSaaSベースのセキュアなキー管理・暗号化サービスで、どのようなクラウドアーキテクチャでもデータ保護を簡素化します。

アカウントをお持ちの方 ログイン

ビデオを見る
メリット

キー漏洩のリスクを解消

共有インフラストラクチャでサービスプロバイダーや政府/州の関係者からも保護するキーの守秘

GDPRコンプライアンスおよびデータ主権を実現

一般データ保護規則(GDPR)—地域別の隔離によるキー管理

消費を予測可能

ハードウェアセキュリティ管理(HSM)グレードのセキュリティを使いやすいクラウドサービスで提供

効率的なアプリケーション統合

データの格納場所に左右されない迅速かつ簡単な統合

パフォーマンスの向上

クラウドか社内かを問わず、デジタルエッジにある重要なアプリケーションの近くにキーを保管

GRC標準に準拠

ガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)に適合したSaaS

特長

  • クラウドのような敏捷性を備えた、一元的な統一HSM/キー管理サービス(KMS)
  • 「SaaS」機能、包括的なHSMセキュリティ、Intel SGX(ソフトウェアガードエクステンションズ)テクノロジー
  • デジタルエッジでの柔軟な導入とシームレスなデータ移行
  • 拡張を可能にするHMSグレードのセキュリティと一元化された不正防止ログ
  • SSL/TLSサーバー統合による暗号化ギャップの解消と信頼境界内でのすべてのキーの保管

ハードウェアセキュリティ管理の再定義

ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)は、デジタルキーの保護と管理によって組織の暗号化インフラストラクチャを守る専用ネットワークコンピュータです。Fortanixの技術を装備したEquinix SmartKey™は、セキュアキー管理と暗号化サービスを提供するサービスとしてのHSMで、暗号化キーのプロビジョニングと制御を簡素化します。

分散セキュリティ

セキュリティを分散することで、規模と統合の課題を解決します。相互接続ファーストのアプローチにゼロトラストモデルを組み合わせて、トラフィックエクスチェンジポイントを介したビジネス通信および統合を制御します。

暗号キーのセキュアな保管と管理

サービスとしてのキー管理

この451 Research Pathfinderレポートでは、クラウドにおける安全なデータ管理の基本アプローチである「サービスとしてのキー管理」の主な技術的特性とユースケースの概要をまとめています。

レポートをダウンロード

ハイブリッドマルチクラウド環境で企業を保護

あらゆるクラウドのセキュリティを再考し、Equinix SmartKey®によりクラウド、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドのプロパティをまたいだデータ保護を簡素化する方法をご覧ください。

アワード

認証