ネットワークエッジ

ネットワークのモダナイズとエッジでのデジタル対応インフラストラクチャの仮想導入を数分で実現

ネットワークエッジは、ネットワークサービスをすぐに展開して相互接続できるように最適化されたモジュラーインフラストラクチャプラットフォームで動作する仮想ネットワークサービスを提供します。ハードウェアを追加することなく、仮想ネットワークサービスを数分でエッジにおいて選択、展開、接続する方法をご覧ください。

仮想ネットワークサービスのメリット

運用コスト(CAPEX)を削減

CAPEXや追加の物理ハードウェアや機器を必要とすることなく、コアからエッジまでネットワークサービスを拡張できます。手動によるネットワーク設定、追加、変更から生じる不調を低減

仮想サービスを通じて、既存の物理ITソリューションを拡張または補完

より低リスクでパフォーマンスを向上することで、新しい市場への参入障壁を低減。

レイテンシーを非常に低く抑え、パフォーマンスを向上

クラウドプロバイダーとエンドユーザーの両方に近い場所にネットワークサービスを展開し、コアIT展開モデルでは扱えない新しいユースケース(IoT、機械学習、AIなど)への対応が可能

マルチベンダーの柔軟性を確保

複数ベンダーの仮想ネットワークサービスを選択でき、高度なカスタマイズが可能で、オンプレミス展開と同じベンダーを活用可能

市場導入期間を短縮

自動化されたネットワーク設定により、数か月ではなく数分で利用可能。

統合済みのエコシステムにアクセス

クラウド、ネットワーク、パブリックインターネット、WANプロバイダー、デジタルサプライチェーンなど

自動化により、ネットワークをシンプル化

さまざまなベンダーの仮想ネットワークサービスを1つのワークフローとして簡単につなぎ合わせ、ネットワークチームの時間を解放。

サービスおよび制御の分散を促進

顧客、従業員、パートナー、エコシステムの近くでデジタルエッジを構築することで、あらゆる場所に到達し、あらゆる人と相互接続し、あらゆるモノを統合可能。

特長

  • SSHユーザーと柔軟なホワイトリストにより、デバイスに直接アクセス
  • 仮想環境と物理環境を接続
  • コマンドラインインターフェイスへのオープンアクセス
  • NATおよびルートフィルタリングで、コマンドラインインターフェイスで直接ルーティングをカスタマイズ
  • プライベートIPおよびパブリックピアリングの発表
  • BGP、2バイトおよび4バイトのASN
  • VPN終端器とマルチサイトVPNトンネル
  • 256ビットでのIPSec暗号化、ゼロタッチのプロビジョニング
  • 高可用性アーキテクチャ

エッジでネットワークを最適化し、容量を拡張

エクイニクスの拠点を利用することで、Platform Equinix®の相互接続とエコシステムに接続することができます。ハードウェアを追加することなく、ユーザー、クラウド、ネットワークに近いデジタルエッジにおいて、数分で仮想ネットワークサービスを展開できます。ネットワークエッジは、ネットワークサービスをすぐに展開して相互接続できるように最適化された、ネットワーク機能仮想化インフラストラクチャ(NFV)プラットフォームです。

仮想デバイスを注文するには、Equinix Fabric™ポータルから企業アカウントを新規に作成してください。

マルチクラウドとマルチベンダーテストで優れた性能を誇るNetwork Edge

実環境を想定したマルチクラウドおよびマルチベンダー接続テスト環境において、UDPとTCPトラフィックの処理性能を測定を実施。ソフトウェア定義型の仮想ネットワークサービスが示したパフォーマンスをご覧ください。

新たなユースケースへの対応

マルチ/ハイブリッドクラウドの接続性

ネットワークサービスをシームレスに統合し、世界の複数拠点にわたる複数クラウドにセキュアかつプライベートに接続

クラウド間のルーティング

クラウドベースのデータベースとパブリッククラウド内のアプリケーションの間をプライベートにルーティングします。

ネットワーク最適化

エッジでトラフィックをローカライズして最適化し、クラウドおよびITサービスエコシステムをグローバルプラットフォームに接続、統合

分散型インフラストラクチャ

ITリソースを分散させ、エッジの近くに展開することで、ユーザーエクスペリエンスを向上

支店からクラウドへのSD-WAN

Platform Equinix®により数分で相互接続エコシステムに接続し、SD-WANを通じて支店へのトラフィックをシームレスに最適化

仮想ネットワークサービスベンダー