東京大阪間リモートコネクション - DR(災害復旧)対応)を考える

デジタルトランフォーメーションの実現はこれからの企業にとってより一層重要となってきています。Equinix Cloud Exchange Fabric™ を活用することで、 ユーザーエクスペリエンスやアプリケーションパフォーマンスを最大化し、マルチクラウド対応をすすめる際に直面するさまざまな問題を解決し、DRにも素早く安価に、そしてセキュアに対応する活用事例を紹介します。

ハイライト

  • パブリッククラウド上でおこるアプリケーションの遅延を改善し、ユーザーエクスペリエンスを最大化する
  • 東京大阪間のプライベート接続に柔軟性を持たせ、接続までの期間を最短化する
  • 東京と大阪それぞれのパブリッククラウドを利用しながら、オンプレミスでのDR(災害復旧)を構築する

ダウンロードリクエスト:

東京大阪間リモートコネクション - ディザスタリカバリーを考える