Whitepaper

日本における「キャッシュレスビジョン」への道

お問い合わせいただき、ありがとうございます。{{resourceType}} は現在 [[ダウンロード準備完了]]

日本政府は、2027年までにキャッシュレス取引の割合を現在の2倍の約40%まで高めることを目標としています。日本は世界的な技術先進国と見なされていますが、日本人は従来より現金を好む傾向にあります。このホワイトペーパーでは、日本におけるリアルタイム決済の将来的なトレンド、規制、消費者によるキャッシュレス決済の導入率を高める取り組みについて検証しています。どのような施策が日本において実施可能でしょうか?また、どのような教訓を日本は他国から得られるでしょうか?

ハイライト

  • 電子決済を受け入れるための現実と思い込みによる障壁について学ぶ
  • 日本におけるオープンバンキング形式のAPIアクセスの導入に関するインサイト
  • キャッシュレスビジョンを実現するために、日本の金融システムのフィンテックと従来組織はどのように連携できるのか
リアルタイム決済プラットフォームをハイブリッド・マルチクラウドエコシステムの中に構築しないペイメント市場は、次世代テクノロジーにより刷新されるまでの間、何年間も競争上不利な立場に立たされることになります。
Finextra
「リアルタイム決済の基礎をなすイノベーション」、EquinixとFinextraによる調査レポート、2020年3月

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.