Whitepaper

Network Edgeがマルチクラウドおよびマルチベンダ接続テストにおいてセキュアかつ強力なパフォーマンスを証明

お問い合わせいただき、ありがとうございます。{{resourceType}} は現在 [[ダウンロード準備完了]]

Network Edgeの仮想ネットワークサービスを用いて複数のクラウドサービスを効率的かつプライベートに統合し、インフラストラクチャをエンドユーザーの近くに配置することが可能です。
実環境を想定したマルチクラウドおよびマルチベンダー接続テスト環境において、UDPとTCPトラフィックの処理性能を測定を実施。ソフトウェア定義型の仮想ネットワークサービスが示したパフォーマンスをご覧ください。

ハイライト

  • マルチベンダー、マルチクラウド接続性におけるNetwork Edgeのパフォーマンスはどのようなものですか?
  • ネットワークサービスの負担軽減を目指す組織がクラウドインフラストラクチャ簡素化する方法とは?
  • パケットロスをほぼゼロに抑え、さらに強力なPPSルーティングを提供すると同時に複雑性を軽減する方法とは?
政府のデータから健康に関するデータや財務データまで、重要な情報を扱うアプリケーションをホスティングする場合には、通常のVoIPサービス提供する場合とは異なるセキュリティ上の懸念が生じます。これらの重要なデータが、移動中・保管中に関わらず確実に保護されるように、暗号化されたTCPトラフィックには大きな帯域が必要となります。Network EdgeとFortinetファイアウォールデバイスを併用することにより、セキュリティの強化やパフォーマンスの高速化が実現するだけでなく、ネットワークサービスの仮想化により複雑性が緩和されます。
– 「Principled Technologies ハンズオンテストレポート:実際の結果」、Equinix、2020年11月

リクエスト:

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.