Whitepaper

戦略的ハイブリッマルチクラウドアプローチを用いたクラウドへの道

お問い合わせいただき、ありがとうございます。{{resourceType}} は現在 [[ダウンロード準備完了]]

最高経験責任者(CXO)の多くは、自社のデジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みを開始するにあたり、「クラウドファースト」戦略を指示しています。しかし、クラウドネイティブへの道のりは長く複雑で、コストがかかります。また、あらゆるアプリケーションやワークロードに適しているとは限りません。そのため、オンプレミスとクラウドのインフラストラクチャ全体でスピード、敏捷性、コスト効率のバランスをとっている現代の企業にとって、ハイブリッドマルチクラウドアーキテクチャはきわめて大きな威力を発揮します。

2022年までに、世界中の企業ワークロードの約80%がクラウドに移行すると見られています。成功を収めているクラウド環境では、ハイブリッドインフラストラクチャの活用とカスタマーエッジにおけるマルチクラウド戦略の導入により、貴重なビジネスデータやサービスへのアクセスが実現しています

特長:

  • Equinix Fabricを使用したハイブリッドデジタルインフラストラクチャの主な利点。
  • データ分析、人工知能(AI)、システムの学習(ML)に高度なツールを使用することの重要性。
  • マルチクラウドのアプローチでは、複数のクラウドにわたるデータ保護や事業継続性などのリスクを軽減できます。 •デジタルトランスフォーメーションにおける企業の課題とトレンド
世界をリードするCSP各社がPlatform Equinixに登録しており、AWS Direct Connect、Microsoft Azure ExpressRoute、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)FastConnect、Google Cloud Interconnectなどの専用の相互接続を提供しています。これにより、企業は安全な直接接続を行い、最高のワークロードで最高のクラウドにアクセスすることができます。
– Equinix ホワイトペーパー
「戦略的ハイブリッドマルチクラウドアプローチを用いたクラウドへの道」2021年5月