We’ve updated our privacy policy to meet new data protection laws. View Privacy Policy ›

エクイニクス - 相互接続された政府の実現

政府におけるインフラの近代化、およびデジタルトランスフォーメーションへの関心が増大する中、デジタルサービスのプラットフォームレイヤーに対する需要が盛んになってきています。データセンターは、それがITの基本的な配信アーキテクチャを縦割りの集中型から、分散されたインターコネクションをベースとしたたものに変革するデジタルエコシステムの一部となっている限り、このレイヤーの中核となります。

政府におけるインフラの近代化、およびデジタルトランスフォーメーションへの関心が増大する中、デジタルサービスのプラットフォームレイヤーに対する需要が盛んになってきています。データセンターは、それがITの基本的な配信アーキテクチャを縦割りの集中型から、分散されたインターコネクションをベースとしたたものに変革するデジタルエコシステムの一部となっている限り、このレイヤーの中核となります。

相互接続された政府の利点:

  • オンデマンドのデータ分析
  • ユーザーへのアプリケーション配信
  • クラウドでデータを活用
  • 災害復旧および運用継続

政府機関にとっては、数十年にわたり構築されたシステムの伝統から逃れることが難しく、政府によって生成され、収集された情報の指数関数的な増加のため連邦政府が所有し運用するデータセンターの歴史的な増大がもたらされました。これらの施設の閉鎖または最適化の主な原動力となったのはコストおよびエネルギーの削減でしたが、政府のITリーダーがクラウド環境への移行の推進を余儀なくされたのは、同時に政府サービスを改善するというさらなる動機でした。

ダウンロードリクエスト:

相互接続された政府の実現 | エクイニクス