このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

設計パターン – コラボレーション反応性のスケーリング

増大するワークロード量を、ユーザー集団に近い地理的に分散したセキュアなデジタルエッジノードに分散します。需要の急増や供給過剰に応じて調節できる、動的で回復力の高いパスを提供します。

主な利点:

  • デジタルトランスフォーメーション全体における各ステップの主要課題への対処に役立つ設計パターン
  • 特定のユースケースに影響を与える現在の制約と外部の主要なトレンドを理解する
  • 将来を見据えたデジタル対応企業を実現するトランスフォーメーションソリューションの構築

相互接続によりビジネス上の課題がどのように解決するかをご覧ください。おもなインサイトを手に入れる ›