このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

設計パターン – コラボレーションエクスチェンジポイントの確立

セキュアで低レイテンシーな方法でマルチクラウドおよびハイブリッドサービスを効率的に統合しながら、エッジでエンドユーザーにより多くのアプリケーションを提供すれば、コラボレーションの生産性を可能な限り高められます。エッジノードにアプリケーションと帯域内セキュリティサービスを配置すれば、容量が増加してもパフォーマンスとセキュリティ、スケーリングが向上します。

主な利点:

  • デジタルトランスフォーメーション全体における各ステップの主要課題への対処に役立つ設計パターン
  • 特定のユースケースに影響を与える現在の制約と外部の主要なトレンドを理解する
  • 将来を見据えたデジタル対応企業を実現するトランスフォーメーションソリューションの構築

相互接続によりビジネス上の課題がどのように解決するかをご覧ください。おもなインサイトを手に入れる ›