このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

451 リサーチ

数あるプロジェクトの中には、新型コロナ流行の影響を受けて停止せざるを得ないものもあるかもしれません。しかし、クラウドやデータセンターの接続性の領域では、企業がいち早くこれらを導入することへの対応に迫られている状況にあり、業界は2021年とその先を見越した企業への導入率の予測を立てる必要性が生じている。

– Penny Jones、MTDCおよびマネージドサービス担当リサーチディレクター、451 Research(S&P Global Market Intelligence傘下)



451 RESEARCH

451 Research - Strategies for Next-Gen Architecture Are Helping with Internet-Based Services During COVID-19

新型コロナの大流行をうけて、これまでにない数の人々が従来の労働形態から在宅労働へ移行しました。これにより、多くのオンラインサービスやプラットフォームの需要は右肩上がりです。この451 Researchレポートでは、ZoomやNetflixなどの企業が、容量要件が急増する時期を考慮し、どのようにトラフィックの急増に対処する設備を整えたかを検証しています。本レポートでは、デジタル企業が変化する要件にどのように適応しているのか、これらの企業がなぜ接続—クラウド、新たなデータセンターエコシステム、ネットワークへの接続—とエッジでのサービス提供に重点を置いているのかについて解説します。

おもな内容:

マルチテナントデータセンター(MTDC)プロバイダーの多くは、需要の増加、10Gbから100Gbネットワークアーキテクチャへの移行に備えています。
クラウド接続エコシステムとインターネットエクスチェンジは、当事者間の直接接続を提供できることから、サービス提供を向上させます。
プロバイダーは、パブリッククラウドへの依存によりハイブリッド導入が進んでいると述べ、クラウドオンランプ活用の重要性を強調しています。


ダウンロードリクエスト: