このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。


Avid Think

クラウドネイティブネットワーク機能(CNF)をはじめとするクラウドネイティブアーキテクチャは、展開の敏捷性、迅速なサービスのカスタマイズ、高い信頼性、包括的な自動化において、長期的な視点から必須事項と見なされています。

– AvidThink調査レポート



AvidThink

AvidThink調査 - 2020年のNFV概況

このAvidThink調査レポートでは、現在の市場におけるネットワーク機能仮想化(NFV)の概況と、おもなトレンドおよび課題を検証しています。通信サービスプロバイダー(CSP)の主要10社が、現在のNFV配備状況、次世代型サービス、特に5Gを活用するサービスに期待すること、オープンソースイニシアチブのメリット、今後の重要課題について語っています。その詳細をご確認ください。

ネットワーク分野のリーダーが知っておくべき情報を提供するこのレポートでは、現在の市場におけるNFVの概況と、おもなトレンドおよび課題を検証しています。

特長:

医療、製造、運輸、小売、IoTにおいて収益創出企業機会に関する現在のトレンド。
AI、ML、データサイエンスなどの新興技術のスキルを持つチームの雇用などの主要な課題。
将来的な5G展開を念頭に置いた、インフラストラクチャー全体における仮想化導入によるCSPの成果。


ダウンロードリクエスト: