このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

451 リサーチ

通信事業者はピーク時のトラフィックレベルに対応するネットワークを構築している。たとえばZoomは、平均的に必要とされるレベルを50%上回るキャパシティを確保することを目標としている。したがって、全体的なインターネットトラフィックが増加している一方で、コアネットワークにはそれに対応するだけの余地があった。これは、一部のバックボーンネットワークがすでに100Gbpsへのアップグレードプロセスを開始し、オーバーヘッドのポケットを作り出していると見るエクイニクスの考察に基づいています。

– Craig Matsumoto、シニアアナリスト、 451 Research(S&P Global Market Intelligence傘下)



451 RESEARCH

451 Research - ネットワーク負荷の大きいサービスは、ここまでコロナウイルス危機に対応できている

新型コロナウイルスの流行とそれに伴う外出禁止令により、ネットワークトラフィックが急増していますが、インターネットのコアはそれに持ちこたえています。451 Researchによれば、インターネットベースのサービスにも同じことが言えるようです。

この451 Researchの分析では、コロナウイルスの流行がデジタルサービスを提供およびサポートする企業の運営にどのような影響を与えているかを説明し、Netflix、Zoom、Dropbox、エクイニクスを特集したKentikのバーチャルパネルセッションのインサイトを紹介しています。同レポートでは、新たなトラフィックパターンの一部はこのまま普及する可能性があると述べられています。


おもな内容:

企業の38%は、在宅勤務を拡大するポリシーが、永続的ではないにしても、長期にわたって維持されると考えていると述べています。
エクイニクスによれば、インターコネクションのリクエストは全般的に増加しており、これには直接クラウド接続、ピアリング、仮想ルーター、VPNアグリゲーションといったサービスが含まれる。
相互接続の需要の増加が続けば、ソフトウェアでそうした接続を生み出せる機能(「ソフトウェアプログラマブル相互接続」と呼ばれる)が潜在的な差別化要因になると451 Researchは見ている。


ダウンロードリクエスト: