frost-sullivan

ネットワークエッジは、ネットワークサービスプロバイダー、クラウドプロバイダー、財務サービス企業、エンタープライズ、コンテンツプロバイダーを含むグローバルなインターコネクション構造にPlatform Equinix®上で緊密に統合されているため、お客様はエクイニクスのデジタル市場にシームレスにアクセスできます。

Frost & Sullivanアナリストレポート、「Equinix Network Edge Bridging the NFV Gap in Enterprise WAN Middle Mile(エンタープライズWANミドルマイルのNFVギャップに橋を架けるエクイニクスのネットワークエッジ)」



FROST & SULLIVAN

エンタープライズWANとローカルデータセンターのNFVギャップに橋を架けるエクイニクスのネットワークエッジ

調査会社Frost & Sullivanによるこのレポートでは、企業におけるエクイニクスネットワークエッジの価値と重要性を検証しています。「ネットワークエッジ」は、企業の物理的位置や支社の所在地ではなく、キャリア中立性のコロケーション施設や、エクイニクスなどの企業が運用するデータセンターハブに配置されることが増えています。ネットワーク機能を仮想ネットワークサービスとして導入することは、企業にとってメリットとなります。

ハイライト:

データハブは、グローバルなメトロセンターに相互接続された、信頼性が高く低レイテンシーのルートです。
企業は自由に別の場所への仮想クロスコネクトを作成できます。/
ネットワークエッジは、企業のデジタルパートナーに近接するミドルマイルに仮想ネットワークサービスを配置します。


ダウンロードリクエスト: