アナリストレポート

IDC - 企業のデジタルな回復力の実現に向けた相互接続型クラウド戦略

お問い合わせいただき、ありがとうございます。{{resourceType}} は現在 [[ダウンロード準備完了]]

ビジネスの成功は、ソフトウェアをサポートするインフラストラクチャの回復力、セキュリティ、および柔軟性にかかっています。各CIOは、敏捷性と回復力を備えた信頼性の高い環境を実現する必要があります。 IDC は、企業がデジタルな回復力を構築するために必要となる 6 つの基本的な相互作用的機能について説明しています。

ハイブリッドクラウド・インフラストラクチャは、パブリッククラウドの相互接続を大規模に提供することで企業の回復力を実現します。企業顧客は、低レイテンシと柔軟性を必要とする重要なハイブリッドワークロードとアプリケーションのために、Equinix が Microsoft Azure に提供するクラウド隣接のメリットを享受することができます。

ハイライト

  • アジア太平洋地域は、デジタルな回復力への投資を先導しています。
  • 企業にとって、アプリケーションとデータ間の相互依存性は劇的に高まります。
  • IDC は、企業アプリケーションの 50% がコンテナ化されると予測しています。
  • 企業の回復力を実現するための相互接続型クラウド戦略の必要性を学びます。
クラウドネイティブのアプリケーションとハイブリッド/マルチクラウドインフラストラクチャのリソースは、従来の構成、移行、トラブルシューティング、監視、および変更管理戦略では適切に管理できなくなっているため、相互接続型のクラウドアーキテクチャが重要視されています。
- IDC Infobrief(Equinix と Microsoft Azure が提供) – 企業のデジタルな回復力の実現に向けた相互接続型クラウド戦略、2021年5月

リクエスト:

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.