このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

IDC

ネットワークのレイテンシーやデータ効率をめぐる課題に対応し、リアルタイムのインサイトを得るためには、エッジ拠点の配備が求められています。エッジにデータを格納するこの新しい要件は、マルチロケーションハイブリッドデータアーキテクチャの新しいモデルの進化につながります。

- IDC Infobrief – クラウド隣接により未来を切り拓く



IDC

IDC - クラウド隣接により未来を切り拓く

IDCによれば、企業の80%はIoTエッジでさまざまなレベルのデータ処理を運用することを検討していると言われています。それと同時に、組織は2022年までに 62億ドル以上の費用をIoTエッジインフラストラクチャに投じるだろうことが予想されています。エクイニクスとOracleが協力するクラウド隣接データベースにより、デジタル化を加速させることが可能です。

おもな内容:

アプリケーションの相互依存性は今後2年で劇的に高まり、統合とオーケストレーションが必要になると予想されます。
エッジ拠点の配備には、マルチロケーションのハイブリッドデータアーキテクチャが必要です。
クラウド隣接アーキテクチャ構築のための5つのステップ
Fung Groupのお客様導入事例

ダウンロードリクエスト: