Analyst report

IDC – クラウド隣接によりデータの可能性を広げる

お問い合わせいただき、ありがとうございます。{{resourceType}} は現在 [[ダウンロード準備完了]]

IDCによれば、企業の80%はIoT Edgeにおける様々なレベルのデータ処理の運用を検討してると言われています。それと同時に、各組織は2022年までに62億ドル以上の費用をIoT Edgeのインフラストラクチャに投じることが予想されています。EquinixとOracleの協働により、クラウド隣接データベースを通じたデジタル化の加速が実現します。

ハイライト

  • アプリケーションの相互依存性が今後2年間で劇的に増加し、統合とオーケストレーションの必要性が高まる
  • Edge拠点の展開には、複数拠点を持つハイブリッド型データアーキテクチャが必要となる
  • クラウド隣接アーキテクチャを構築するための 5 つのステップ
  • Fung Group による顧客の導入事例
ネットワークのレイテンシーやデータ効率をめぐる課題に対応し、リアルタイムのインサイトを得るためには、エッジ拠点の配備が求められています。エッジにデータを格納するこの新しい要件は、マルチロケーションハイブリッドデータアーキテクチャの新しいモデルの進化につながります。
– IDC Infobrief – クラウド隣接によりデータの可能性を広げる

リクエスト:

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.