このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

IDC

クラウド中心のデジタルインフラストラクチャへの移行は、今まさに現在進行形であり、コロナの爆発的な流行後にさらに加速すると見込まれているが、その成否はデジタル戦略への注力にかかっている。この移行により、デジタルビジネスモデルを支える革新的なインフラストラクチャ技術にタイムリーにアクセスし、これらの技術を利用できるようになる。また、技術の導入およびIT運用ガバナンスとビジネス成果の歩調を合わせることが可能になる。

- IDCアナリスト、「デジタルインフラストラクチャの未来」、2020年9月



IDC

IDC - デジタルインフラストラクチャの未来—信頼性の高いデジタルサービスとエクスペリエンスの提供が迅速化

2022年までに、企業の製品およびサービスの46%がデジタル化またはデジタル配信化され、インフラストラクチャの重要な性質が進歩することで、従来のビジネスアプリケーションよりもはるかに多くのものがサポートされるようになるとIDCは予想しています。このIDCのレポートでは、適応力と回復力に優れた、規制を遵守するセキュアなデジタルモデルをサポートするためには、あらゆる場所から革新的で回復力のあるインフラストラクチャにアクセスすることが必要不可欠であるとして、その詳細を検証しています。IDCは「デジタルインフラストラクチャの未来—信頼性の高いデジタルサービスとエクスペリエンスの提供が迅速化」レポートのなかで、テクノロジーの購入者に向けて、デジタルインフラストラクチャ戦略を練る際に考慮すべき点について助言しています。

おもな内容:

企業の収益はインフラストラクチャの反応性、拡張性、信頼性、サードパーティのプロバイダーおよびサービスの有効活用に左右されます。
2023年までに、新興のデジタルインフラストラクチャエコシステムが、あらゆる場所におけるすべてのITおよびビジネス自動化イニシアチブの基礎的なプラットフォームになると見込まれています。
ソフトウェアで定義されたあらゆるものと、「サービスとしての」ビジネスモデルは、CIOが場所に左右されずにより敏捷に対応するための大きなチャンスを開拓します。


ダウンロードリクエスト: