このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

IDC

エクイニクスは新たにVNFの提供を開始することで、マネージドサービスの提供範囲を拡大します。グローバルプラットフォームを活用し、資本不足の市場にもサービスを提供します。これによってエッジ構築およびハイブリッドクラウドイニシアティブに一般的に伴う摩擦を軽減します。

- エクイニクスネットワークエッジの提供開始に関するIDCアナリストレポート



IDC

IDC - Equinix Network Edge Leverages SDN and NFV to Enhance Edge Networking(エクイニクスがネットワークエッジプラットフォームの提供開始によりエッジネットワーキングを強化)

エクイニクスネットワークエッジサービスにより、お客様はハードウェアを追加購入することなくメトロを選び、エッジデバイスの選択と展開、Equinix Cloud Exchange Fabric™(ECX Fabric™)への接続を数分で行うことができます。IDCのアナリストレポートによると、ネットワーク基盤の一元化と仮想化によるシンプル化は、設備コストの削減、パフォーマンスおよび敏捷性の向上をもたらします。ネットワークエッジでは、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)とネットワーク機能仮想化(NFV)プラットフォームを活用してエッジネットワーキングを向上させます。

ハイライト:

ネットワークエッジでは、Cisco、Juniper Networks、Palo Alto Networksなどのプロバイダーのネットワークおよびセキュリティデバイスを選択、設定、接続できます。
ネットワークエッジとECX Fabricを使用すれば、仮想エッジデバイスを他の市場のネットワークプロバイダーやクラウドに接続できます。
ネットワークエッジ仮想ネットワークサービスには、SD-WANエッジゲートウェイ、マルチクラウドエッジルーター、分散エッジファイアウォールが含まれています。
ネットワークエッジは、エクイニクスのシリコンバレー、ニューヨーク、ロンドン、アムステルダム、シンガポール拠点でご利用いただけます。今後、新しい拠点でも提供予定です。


ダウンロードリクエスト: