このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

IDC

絶えず変化する規制や顧客によるプレッシャーを考えると、メーカーはもはや、環境への影響を無視することや、結果論として扱うことはできなくなっている。持続可能性を重荷ではなく機会として扱う企業は、それをうまく活用して革新的な新製品およびプロセスを創出し、競争上の差別化を実現することができる。

– IDC InfoBrief、エクイニクス資金提供、「製造:クラウドベースのアーキテクチャはいかにして破壊的創造により敏捷性を促進し、イノベーションを支えるのか(Manufacturing: How Cloud-Based Architecture Drives Agility and Supports Innovation Through Disruption)」



IDC

IDC – 製造—クラウドベースのアーキテクチャはいかにして破壊的創造により敏捷性を促進し、イノベーションを支えるのか

新たなクラウドアーキテクチャへの投資、持続可能な慣行の導入、破壊的創造に適応して収益を増やす能力は、製造業界における意思決定者が目標とするところです。このIDC InfoBriefによれば、メーカーはエコシステムのコラボレーションを通じて、イノベーションの新たな機会を模索するようになっています。そのためには、エコシステム内でビジネスを統合して新たなビジネスモデルを創出することで、考え方を変える必要があります。

おもな内容:

次なるノーマルへと至る回復を成功させるための鍵は、ビジネスの変革と適応力。
製造業界のリーダーは、敏捷性、効率、イノベーションを実現する破壊的技術によりプロセスをサポートする必要がある。
マルチクラウドの管理は次なるノーマルの一部となり、利益と収益に直接的かつプラスの影響を与えます。


ダウンロードリクエスト: