このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

IDC

新たなビルドと移行により、アジアパシフィック地域のあらゆるクラウド/非クラウド環境における大きなムーブメントが生じることが予測されてています。その結果、管理が容易になりコスト効率を向上するため、これらのアプリケーションや情報クラスターを統合する必要性が生じます。新たなクラウドプラットフォームやフレームワークが次々と登場するのに伴い、このトレンドは加速することが予想されています。

– IDC InfoBrief、エクイニクス後援、エンタープライズデジタルトランスフォーメーションのアプリケーション、ビジネス、クラウド、2020年7月



IDC

IDC - Aアプリケーション、ビジネス、クラウド—エンタープライズデジタルトランスフォーメーションのABC

IDCの調査によれば、2021年までに、企業の90%がオンプレミス/専用のプライベートクラウド、複数のパブリッククラウド、旧式のプラットフォームの組み合わせに頼ってインフラストラクチャのニーズに対応するようになると予想されます。2020年における企業のデータセンター投資の40%は、複合アプリケーションの運用に関連すると見られています。そうしたアプリケーションでは、クラウドまたはコロケーション施設におけるサードパーティリソースへの信頼性の高いセキュアなインターコネクションが求められます。

おもな内容:

ハイブリッドマルチクラウド導入と情報サイロ管理を阻む障害
デジタルエッジにおけるインターコネクションとインフラストラクチャの必要性
デジタルトランスフォーメーションを先へ進めるための5ステップ
エクイニクスとGoogle Cloudによるハイブリッド/マルチクラウドの実現


ダウンロードリクエスト: