アナリストレポート

クラウド — 企業のデジタルトランスフォーメーションに関する基礎知識

お問い合わせいただき、ありがとうございます。{{resourceType}} は現在 [[ダウンロード準備完了]]

IDCの調査によれば、2021年までに、企業の90%以上は、ITインフラの要件を満たす目的でオンプレミス/専用のプライベートクラウド、パブリッククラウド、および旧式のプラットフォームの組み合わせに依存する形となることが予想されています。2020年には、これらの企業のデータセンター投資の40%は、クラウドやコロケーション施設のサードパーティリソースとのセキュアで信頼性のある相互接続を必要とする複合アプリケーションの運用に関連するものとなると言われています。

ハイライト

  • ハイブリッドマルチクラウドの実装と情報サイロの管理における障害物
  • Digital edgeにおける相互接続とインフラストラクチャの必要性
  • デジタルトランスフォーメーションの道を前進するための5つのステップ
  • Equinix と Google Cloud でハイブリッドマルチクラウドを実現
アジア太平洋地域では、新規開発とクラウド移行が、クラウドと非クラウド環境にまたがる膨大な量のアプリケーションの移動をもたらしています。その結果、管理の容易さとコスト効率化を実現するために、アプリケーションと情報クラスターの統合が必要となっています。新しいクラウドプラットフォームとフレームワークが次々と現れる中で、この傾向はさらに加速するとみられます。
IDC InfoBrief(Equinix提供)
アプリケーション、ビジネス、企業のデジタルトランスフォーメーションのクラウド:2020年7月

リクエスト:

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.