ⅹ新しい一般データ保護規制への対応として当社の個人情報保護方針を更新しました。個人情報保護方針を見る ›

IDC

日本のデータセンター市場の中核的な立地にある超巨大都市の東京と大阪では、ハイパースケールインフラに対する需要の高さは群を抜いています。まさに、エクイニクスのxScale施設を展開するのに理想的なロケーションであると言えるでしょう。

– 451 Research:エクイニクスがGICと再度提携、今回の目的は日本での10億ドル規模のxScaleデータセンタースペースの開発



451 Research

エクイニクスとGIC、日本でのxScaleデータセンター開発に向けて10億ドル規模のジョイントベンチャーを設立

エクイニクスとシンガポールの投資ファンドGICがふたたび提携を結びました。今回の提携の狙いは、日本の東京と大阪でハイパースケールのデータセンター(xScale™)を開設することにあります。クラウドコンピューティングが世界中で広がりつづけるのに伴い、顧客の需要に対応するスケールを提供するために、ハイパースケールのインフラストラクチャが必要とされるようになっています。今回設立されたジョイントベンチャーにより、エクイニクスはすでにグローバルで展開しているハイパースケールのクラウドプロバイダーを中心にハイパースケールの施設を提供し、関係を深める機会を手に入れることになると451 Researchは分析しています。

概要:

これらのxScale施設に大規模なクラウドテナントが集まり、それにより相互接続を重視するクライアントが引き寄せられます。
エクイニクスには、こうした大規模で複雑なジョイントベンチャーに対応し、複数の施設を同時に構築するだけのスケールとリソースがあります。
完成したあかつきには、これらの施設でおよそ138MWの電力が提供されます。


ダウンロードリクエスト: