新しい一般データ保護規制への対応として当社の個人情報保護方針を更新しました。個人情報保護方針を見る ›

Gartnerレポート – 2018年における戦略的テクノロジートレンドのトップ10

インテリジェントデジタルメッシュは、将来のデジタル企業およびそのエコシステムの基盤となります。競争優位性を構築するには、企業のアーキテクチャおよびテクノロジーの革新リーダーは、これらのトップトレンドを評価し、それぞれの組織が追求できる機会を特定する必要があります。

  • 人工知能(AI)は、各業種に価値を提供し、新しいビジネスモデルを実現します。それは、顧客関与、デジタル生産、スマートシティ、自動運転、リスク管理、コンピュータビジョン、音声認識などの主な取り組みに対応することで行われます。
  • 人、場所、プロセスおよび「モノ」がますますデジタル化されるに従い、それらはデジタルツインに代表されるようになります。これは、新たなイベント駆動型ビジネスプロセス、デジタルで実現されるビジネスモデルやエコシステムの豊かな土壌を提供します。
  • テクノロジーと我々の相互関係は、今後5年から10年のうちに急激に変化します。会話 プラットフォーム、 拡張現実、仮想現実、複合現実は、デジタル世界とのより自然で実体験が感じられるやり取りを提供します。
  • デジタル企業はイベント中心となります。それは常に感知し、適応し続けなければならないことを意味します。同じことは、それをサポートするセキュリティやリスクインフラストラクチャにも当てはまります。潜在的な侵入者の虚偽やセキュリティイベントの予測に注力しなければなりません。

デジタルビジネスは物理的および仮想的な世界の境界をぼやけさせ、ビジネス設計、業界、市場、組織を変革させます。継続的なデジタルビジネスの進化によって、新興の戦略的なテクノロジーが物理世界とデジタル世界の融合を促進し、まったく新たなビジネスモデルを構築します。将来は、ますます示唆深いデジタルサービスをどこででも提供するスマートデバイスで定義されます。当社は、この相互接続された人々、デバイス、コンテンツ、サービスのメッシュをインテリジェントデジタルメッシュと呼びます。

ダウンロードリクエスト:

Gartnerレポート – 2018年における戦略的テクノロジートレンドのトップ10 | エクイニクス