このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

Gartner

企業のデジタルビジネス能力の成熟度を定量的に測定する本質的な必要性が伴います。このような測定は、デジタルビジネスの成功のための適切なコンピテンシーを作成または成熟するための将来の投資と、それらのコンピテンシーに対する投資の有効性を評価するための指針となります。

- Partha Iyengar – ディスティングイッシュトVPアナリスト、Irving Tyler – VPアナリスト、Apoorva Chhabra - アソシエイトプリンシパルアナリスト、Gartner

Gartner

Gartner - デジタルビジネス成熟度モデル—デジタルビジネス成熟度を評価するための9つの必須能力

幹部クラスのリーダーは、自社のデジタルビジネスイニシアチブの成熟度を評価し、業界の競争の全体像における現在位置を理解して欠点に対処することが求められます。この調査で説明されているGartnerデジタルビジネス成熟度モデルでは、定量的な評価を提示します。

おもな内容:

デジタルビジネスを構築して拡大するためには、経営幹部に次のことが求められます。

直属の部下と協力し、デジタルビジネス成熟度を促進する9つの重要能力の影響を特定および把握する。
9つの能力を代表するさまざまな分野におけるビジネス関係者と連携する。成熟度評価プロセスと結果指向型の対策の実施では、部門間を通じて互いに協力する必要があります。
9つの各能力のビジネス成熟度を評価および改善し、デジタルビジネスの投資、スキル、能力、買収、ガバナンス改善の優先順位を特定し、主導する。

テクノロジーとビジネスチャンスの両方を活用して、市場におけるデジタルリーダーになる方法をご確認ください。

ダウンロードリクエスト: