このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

gartner

エッジコンピューティングは、新たなビジネス成果を実現することから、インフラストラクチャ主導の破壊的創造の典型といえる。企業が競争力を維持するためには、I&O分野のリーダーがこのトレンドに正面から取り組み、さまざまなエッジコンピューティングのユースケースの効率的な導入を加速させる必要がある。

-Gartner調査レポート、「I&Oはなぜ、どのようにエッジコンピューティングをリードするのか(Why and How I&O Should Lead Edge Computing)、Thomas Bittman、2020年2月28日」



Gartner

Gartner - Why and How I&O Should Lead Edge Computing

IoTに由来するデータの増加と迅速な決断の必要性から、エッジコンピューティングは重要な新トレンドになっています。多くの企業はまだエッジコンピューティングの使用をはじめていませんが、今後3年で急激に増加するとGartner調査レポートでは指摘されています。

「エッジでのデータ分析とリアルタイムのインタラクションは、顧客、従業員、パートナー、店舗、設備、製品といった企業のあらゆる面に影響を与える」とGartnerは指摘しています。このレポートでは、クラウドおよびエッジインフラストラクチャを管理する情報および運用(I&O)リーダー向けに、エッジコンピューティングアーキテクチャを構築するための最善の戦略が説明されています。

おもな内容:

I&O、セキュリティエキスパート、アプリケーション開発者、データサイエンティスト、各ビジネス部署のリーダーをまたぐ「優秀エッジセンター(ECOE)」チームを設置し、エッジコンピューティングプロジェクトの立ち上げ、さらには管理を支援する
エッジコンピューティングに関する4つの課題(ロケーション、保護、データ、拡張性)を軸に、エッジコンピューティングのフレームワークを構築する
今後数年で幅広いエッジコンピューティンのユースケースの導入を加速させる


ダウンロードリクエスト: