gartner

コロケーションを利用したり検討していたりするユーザーにとって、プロバイダーが提供、または開発している相互接続サービスの活用は、現実的な選択肢と考えられます。データセンター相互接続は、マルチテナント型データセンター内の個々のアセットを直接(通常はファイバーにより)、かつピアツーピア方式で相互に接続するモデルです。

- Gartner、インフラストラクチャはあらゆる場所に:データセンターの進化2019年7月18日、Bob Gill & David Cappuccio



Gartner リポート

インフラストラクチャはあらゆる場所に

Gartnerによれば、将来におけるI&Oの役割は、単なるハードウェアやソフトウェアから移行し、グローバルインフラストラクチャとそれに関連するサービスを管理することになると予想されています。その結果として生じるのが、ビジネスサービスの迅速な展開を可能にし、ワークロードを適切な場所に配置することに重点が置かれた環境です。

Gartnerレポートの主な内容:

将来のインフラストラクチャでは、統合と接続性という点で、コロケーションおよびクラウドパートナーのエコシステムが重要になります。
すべてのワークロードが均等というわけではありません。ビジネスにおける真の可能性を解き放つには、適切な配置が鍵となります。
インフラストラクチャは動的なものであり、市場やプロバイダーの変化に伴い、迅速に変化する能力が必要とされます。
エッジおよびIoT展開により、インフラストラクチャが拡張され、優先順位が変化し、複雑さが増します。


ダウンロードリクエスト: