このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

Gartner

エッジは、高度なコンピューティングリソースと増加するデータストレージにより真の力を発揮します。エンタープライズアーキテクチャや技術イノベーションといった分野のリーダーは、テクノロジートレンドへの対応や、回復力、応答性、セキュリティ、ユーザーエクスペリエンスの向上にエッジコンピューティングを利用するようになるだろう。

- Gartner、2020年における戦略的テクノロジートレンドトップ10: エッジの強化、Nick Jones、David Cearley、2020年3月10日



GARTNER

Gartner - Top 10 Strategic Technology Trends for 2020 Edge

新たなビジネス要件と技術的能力により、演算力や通信力のネットワークエッジへの移行が進んでいます。エッジのアーキテクチャとテクノロジーは、革新的な製品やサービスに欠かせない要素になるとGartner調査レポートでは述べています。

Gartnerレポートのおもな内容:

クラウドアーキテクチャではネットワーク障害発生時のセキュリティや回復力が不十分な場所、仮想現実などの技術を使う状況、魅力的なユーザーエクスペリエンスの提供にリアルタイムの応答性が必要になる場合などエッジコンピューティングを導入する。
エンドポイント、ニアエッジ、ファーエッジの処理を活用する新製品およびサービスの設計により、優れたセキュリティおよびパフォーマンスを実現する、またはローカルでの処理の負荷を共有エッジサービスへ移行することでハードウェアおよびネットワーキングのコストを削減する。
2年未満で投資を回収できる新たなエッジアプリケーションへの投資に注力することで、エッジの発展不足に伴うリスクを解消し、システム管理やモニタリングおよびセキュリティツールによりあらゆるエッジデプロイをサポートする。


ダウンロードリクエスト: