このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

パブリッククラウドサービスは多岐にわたり、またあらゆる分野に導入が進んでいますが、この勢いに押されて、サービスの利用範囲も一層の広がりを見せています。実際、パブリッククラウドインフラストラクチャで生産アプリケーションの30%以上を運用する企業の数は、今後2年間で45%増加すると予想されています。

— ESGハイブリッドクラウドトレンドEブック

ESG

ESG - ハイブリッドクラウドのトレンドと戦略Eブック

企業が、クラウドは二者択一のものではないという事実を認識するに伴い、ハイブリッドクラウド戦略の取り組みはこれまでにない規模で拡大しています。このEnterprise Strategy Group(ESG)のレポートでは、ハイブリッドクラウドイニシアチブに対する企業のアプローチを検証し、各企業がオンプレミスとオフプレミスのワークロードのバランスをどのように調整しているのか、およびそのような導入に関わる自動化、互換性、管理要件を分析します。

内容:

ハイブリッドクラウド戦略に取り組む、もしくは関心を持つ企業の数は、2017年以降、81%から93%に増加しています。
組織の89%は、今後3年で重要なオンプレミスのフットプリントをまだ維持していると予想しています。
組織はオンプレミスとパブリッククラウドのリソースにまたがる管理とセキュリティを求めています。

ダウンロードリクエスト: