Analyst report

ESG– ハイブリッドクラウドのトレンドと戦略Eブック

お問い合わせいただき、ありがとうございます。{{resourceType}} は現在 [[ダウンロード準備完了]]

クラウドは二者択一のものではないという事実を企業が受け入れるのに伴い、ハイブリッドクラウド戦略の取り組みは増々の広がりを見せています。このEnterprise Strategy Group(ESG)のレポートでは、ハイブリッドクラウドイニシアチブに対する企業のアプローチを検証し、各企業がオンプレミスとオフプレミスのワークロードのバランスをどのように調整しているか、およびそのような導入の自動化要件、互換性、管理要件を分析します。

ハイライト

  • ハイブリッドクラウド戦略に取り組んでいる、または関心を持っている組織の数は、2017年以降81%から93%に増加
  • 組織の89%は、3年間で意味深いオンプレミスのフットプリントを持つことを依然として期待している
  • 組織は、オンプレミスとパブリッククラウドのリソースにまたがる管理とセキュリティを要求
パブリッククラウドサービスは多岐にわたり、またあらゆる分野に導入が進んでいますが、この勢いに押されて、サービスの利用範囲も一層の広がりを見せています。実際、パブリッククラウドインフラストラクチャで生産アプリケーションの30%以上を運用する企業の数は、今後2年間で45%増加すると予想されています。
– ESGハイブリッドクラウドトレンドの電子書籍

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.