gartner

エンタープライズWANの再調整が必要です。企業はコロケーションやクラウドインターコネクトの利用、マルチ接続環境を実現するためのSD-WAN、SDN、APIの導入などのネットワークイニシアティブを進めています。

– Henrique Cecci氏(Gartner、Senior Director Analyst)



Gartner リポート

エンタープライズデータセンターの未来 - 次の段階

従来型データセンターはクラウド、エッジコンピューティング、コロケーションおよびホスティングサービスの進歩がもたらした変革の影響を受けています。また、電力、冷却、通信、人工知能、オペレーション、ハードウェア、ソフトウェアといった領域での進歩によって、エンタープライズデータセンターはこれまでにないほど大きな変革を遂げています。



Gartnerのアナリストレポートでは、信頼性の高い情報システム基盤を構築および維持する責任を担う情報システム基盤およびオペレーション(I&O)リーダーは、次の推奨事項に従うべきとされています。

ハイライト:

先入観にとらわれないハイブリッドITオペレーションに対応するようI&Oスキルセット、慣習、手順を拡大し、ビジネス価値を最大化するためのハイブリッドITワークロード配置戦略を策定する。
ITプロジェクトポートフォリオ全体でインフラストラクチャ製品、人材、プロセス、プロバイダーの資産在庫を作成し、エンタープライズデータセンターをシンプルにし、標準化、合理化するためのプロセスを開始する。
インフラストラクチャの回復力の性質の変化という問題を考慮した計画原則を確立することで、デジタルビジネスシステムの回復力要件に合わせて適応可能なインフラストラクチャを選定、設計する。


ダウンロードリクエスト: