gartner

多くの企業はコロケーションプロバイダーの相互接続ソリューションをエンタープライズワークロード戦略の主要コンポーネントとして使用しており、そのプロバイダーからクラウドサービスプロバイダー(CSP)またはパートナーへの相互接続を利用してアジャイルシステム基盤を構築しています。

– Gartner, Top 10Emerging Trends Affecting Digital Infrastructure and Operations in 2019(デジタル情報システム基盤とオペレーションに影響を及ぼす2019年のトップ10トレンド), Dave Cappuccio & Ross Winser, February 11, 2019



GARTNER

Top 10 Emerging Trends Affecting Digital Infrastructure and Operations in 2019(デジタル情報システム基盤とオペレーションに影響を及ぼす2019年のトップ10トレンド)

このGartnerのレポートによると、I&O組織は業務に伴う日々の課題への対応に追われ、オペレーションに大きな影響を及ぼしていないトレンドを追跡する時間はほとんどないことが多くあります。この調査では10の重要トレンドを解説しており、I&OリーダーがI&O環境の開発を成功に導くための戦略策定に役立ちます。

デジタル情報システム基盤とオペレーションに影響を及ぼす2019年のトップ10トレンドは次のとおりです。

サーバーレスコンピューティング
人工知能(AI)
データセンターの終焉
ネットワークの敏捷性(またはその欠如)
エッジコンピューティング
デジタル多様性管理
I&Oの新たな役割
SaaSの拒否
人材管理
グローバルな情報システム基盤の実現


ダウンロードリクエスト: