このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

gartner

エッジコンピューティングはクラウドコンピューティングと競合するものではなく、補足および補完するものである。エッジコンピューティングは、モノや人がネットワーク化されたデジタル世界とつながる物理的場所の近くに情報処理を配置する分散コンピューティングトポロジーの一部をなす。

-Bob Gill、VP、アナリスト、Gartner Research、「2021年版エッジコンピューティングの戦略的ロードマップ(2021 Strategic Roadmap for Edge Computing)」、2020年11月



Gartner

Gartner - 2021年版エッジコンピューティングの戦略的ロードマップ

このGartnerレポート*では、次のように述べられています。「企業がクラウドをオンプレミスに拡張し、IoTおよび革新的なデジタルビジネスアプリケーションを活用する方法を模索するのに伴い、エッジコンピューティングがメインストリームになりつつある。長期的に見て、I&Oリーダーは、新たなタイプのアプリケーションの基盤として、クラウドコンピューティング計画にエッジコンピューティングを組み込む必要がある」

おもな内容:

レイテンシーは、ワークロードをエッジに展開する大きな理由となりますが、ユーザーやデータ生成源である「モノ」の近くに処理およびストレージを移動させれば、帯域、データプライバシー、自律性などの問題に対処することもできます。
エッジコンピューティングは、現代の集中型のハイパースケールなクラウドモデルを補強、そして拡張するものです。また、IoTやまったく新しいタイプのアプリケーションの体系的な発展や展開を支え、次世代型のデジタルビジネスアプリケーションを可能にします。
エッジサーバーおよびゲートウェイは、複数の「コア」(ハイパースケールクラウドや企業所有のデータセンター)とエッジにおける多様な人々、デバイス、ワークロードを中継する処理ノードおよびインテグレーターとしての重要な役割を果たします。


ダウンロードリクエスト: