gartner

2023年の終わりまでに、大規模企業の50%以上が少なくとも6つのエッジコンピューティングユースケースをIoTまたは没入型エクスペリエンスのため展開することになりますが、この割合は2019年時点では1%にも達していません。

出典:Thomas Bittman, Distinguished VP Analyst - Exploring the Edge: 12 Frontiers of Edge Computing(エッジコンピューティングの12の最先端領域), Gartner Research.



GARTNER 

Exploring the Edge: 12 Frontiers of Edge Computing

クラウドおよびエッジインフラストラクチャを管理するインフラストラクチャ&オペレーション(I&O)リーダーは、デジタル組織が必要とするさまざまなユースケースに対応する、複数年にわたるエッジコンピューティング戦略を策定する必要があります。Gartnerのアナリストレポートによると、エッジコンピューティングのユースケースは幅広く、初期展開は高度にカスタマイズされています。

Gartnerによるハイライト:

エッジコンピューティングは、デジタルビジネスのユースケースにおいてクラウドコンピューティングを補完するものであり、レイテンシー、帯域幅、自律性、プライバシー要件に対応します。
エッジコンピューティングのユースケースカテゴリは、ユーザー、モノ、企業の間のデジタルビジネスインタラクションによって定義されます。
企業の90%以上がエッジコンピューティングにおいて1つのユースケースから始め、時間をかけて多くのユースケースに対応します。


ダウンロードリクエスト: