このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

Gartner

2022年までに、企業が生成するデータの50%以上が、データセンターとクラウド以外で作成および処理されることになるだろう

— Thomas Bittman氏、Neil MacDonald氏、Ted Friedman氏(Gartner、特任VPアナリスト)



GARTNER

Gartner - How to Overcome Four Major Challenges in Edge Computing

Gartnerのアナリストレポートによると、エッジコンピューティングのユースケースは幅広く、初期展開は高度にカスタマイズされています。インフラストラクチャおよびオペレーションリーダーは、多様性、ロケーション、保護、データに伴う課題に対応する、複数年にわたるエッジコンピューティング戦略を策定する必要があります。

ハイライト:
クラウド側のエッジコンピューティングの戦略を策定しているインフラストラクチャおよびオペレーションリーダーがとるべき行動は次の通りです。

管理しやすいガイドライン内でさまざまな要件のバランスをとる、エッジコンピューティングのための有効な戦略的計画、アプローチ、フレームワークを作成する
エッジコンピューティングのハードウェア、ソフトウェア、アプリケーション、データ、ネットワーキングにセキュリティや自己保護を組み込むことで、攻撃対象を最小化する
可能な限りエッジでデータ管理やガバナンスを自動化するテクノロジーに投資する


ダウンロードリクエスト: