新しい一般データ保護規制への対応として当社の個人情報保護方針を更新しました。個人情報保護方針を見る ›
gartner


GARTNERは米国および世界各国におけるGartner, Inc.または関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved

2022年までに、企業が生成するデータの50%以上が、データセンターとクラウド以外で作成および処理されることになるだろう

Gartner、The Edge Completes the Cloud、Bob Gill & David Smith、2018年9月14日



Gartner リポート

クラウドを完成なものにするエッジ

エッジコンピューティングは、現在のハイパースケールクラウドと既存のデータセンターを分散された形で補完する役割を担います。アプリケーションが持つ可能性とユーザーエクスペリエンスを最大化するために、エンタープライズアーキテクトと技術革新リーダーは、分散型のコンピューティングソリューションを計画する必要があります。

考慮すべき事項

クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングの組み合わせは、企業にメリットをもたらします。
エッジコンピューティングは、分散コンピューティングアーキテクチャのどこでも利用できます。
ほぼリアルタイムのフィードバックとビジネスプロセスの最適化を実現し、レイテンシーと不十分な帯域幅による影響を防止するためには、アナリティクスをエッジの近くに配置する必要があります。
企業のIT組織とOT組織は、既存の投資とアーキテクチャに関して相反する目標を持っているため、アーキテクチャとガバナンスに加えて、インフラストラクチャの仕様および取得についてもITとOTの整合性を図る必要があります。

ダウンロードリクエスト:

Gartner – クラウドを完全なものにするエッジ | エクイニクスアナリストレポート