このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

451 リサーチ

コロナウイルスなどの感染症の流行を予測することは、容易なことではありません。しかしながら、今日の最先端のテクノロジーは、企業が顧客の期待に確実に応えることを可能にします。とりわけ企業が顧客との関係を見直し、人と人とのやりとりからなる関係から、人と自動化されたシステム、そして人々が世界と関わるために使用するデバイスとのやりとりからなるより微妙な関係へと移行している状況では、その真価を発揮します。

— Sheryl Kingstone、リサーチバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、451 Research

451 Research

451 Research - コロナ禍を切り抜けるにはデジタルエクスペリエンスが焦点となる

COVID-19の爆発的な流行により、外出の機会が制限される状況において、デジタルエクスペリエンスはその真価が問われています。企業は顧客へのサービス提供や競合他社との差別化を図るために、デジタルサービスへの依存度を高めています。この451 Researchレポートでは、デジタルサービスの重要性の高まりに目を向け、より良いカスタマーエクスペリエンスを提供するためにはどのような設備を整えればいいかを検証しています。

  • デジタルエクスペリエンスは、いまや新たな技術投資のきっかけになっています。
  • データ、最新のデジタルプラットフォーム、およびプライバシーの設計により、競争上の差別化が促進されます。
  • 米国には、デジタルエクスペリエンスの向上に関連して、少なくとも5000億ドルの収益機会が存在しています。

ダウンロードリクエスト: