このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

IDC

現在、顧客、投資家、人材を引きつけ、維持する能力は、環境持続可能性および進歩と密接に結びついている。持続可能であることは、もはや企業のミッションステートメントに埋もれたものではない—持続可能性の改善は、大半の企業にとって最優先事項である。

– IDC InfoBrief、エクイニクス後援、データセンターと持続可能性目標、2020年10月



IDC

IDC - データセンターと持続可能性目標—効率的で回復力のあるデータセンターはいかにして持続可能性の進歩を加速させるか

デジタルトランスフォーメーションは、多くの業界で廃棄物を減らし、効率を向上する大きな機会を拓いています。気候変動により、地域社会や企業は、持続可能性を高め、汚染、大量消費、天然資源の浪費という現在の軌跡を改める必要性をますます意識するようになっています。このIDC InfoBriefでは、革新技術を用いた最新鋭のデータセンターが持続可能なデジタルトランスフォーメーションの基盤となることが説明されています。持続可能性の進歩を後押しするうえで、データセンターが果たすことのできる重要な役割をご確認ください。

おもな内容:

各組織はテクノロジーを活用して効率を高め、持続可能な形で天然資源を使用する方法を模索しています。
組織の89%は、同様の持続可能性目標を掲げるパートナーとビジネスをするほうが好ましいと述べています。
AIによる機構管理、液体冷却、燃料電池などの先進技術が、データセンターの革新を後押ししています。
データセンタープロバイダーは、効率的な運用を確保しながら、エッジへのサポート拡張を支援することができます。

ダウンロードリクエスト: