Analyst report

データセンターとサステナビリティ目標 - 効率的でレジリエントなデータセンターはいかにしてサステナビリティ目標の実現を加速するか

お問い合わせいただき、ありがとうございます。{{resourceType}} は現在 [[ダウンロード準備完了]]

デジタルトランスフォーメーションは、多くの産業分野において、無駄を減らし、効率性を改善するための大きな機会を切り開いてきました。一方で、気候変動の問題は、コミュニティや企業がよりサステナブルな世界を目指し、公害、大量消費、資源の浪費というこれまでの流れを逆転させる必要があるという気づきをもたらしました。このIDC InfoBriefでは、近代的且つ革新的技術を採用するデータセンターが、いかにして持続可能なデジタルトランスフォーメーションの基盤となるのかを説明しています。サステナビリティの進歩を後押しするうえで、データセンター事業者が果たし得る重要な役割について学びましょう。

ハイライト

  • 各組織は、効率性を改善し、持続可能な方法で天然資源を使用する方法を理解するため、テクノロジーを活用しています。
  • 89%の組織は、自社と同様のサステナビリティ目標を掲げるパートナーとビジネスを行うことを希望すると述べています。
  • AI主導型の温度調節器、液体冷却器、燃料電池などの高度なテクノロジーが、データセンターのイノベーションに貢献しています。
  • データセンター事業者は、効率的な運用体制を確立しながら、edgeへの拡張をサポートすることができます。
現在では、顧客、投資家、人材を惹きつけ、良好な関係を保持するための能力は、環境の維持や発展と密接に結びついている。サステナビリティは、もはや企業の経営理念の飾り文句に留まってはいない。—サステナビリティの向上は、多くの企業にとって最優先事項である。
– IDC InfoBrief(Equinix提供)データセンターとサステナビリティ目標、2020年10月

リクエスト:

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.