このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

451 リサーチ

移動制限により、データセンター拠点へのアクセス要求の数は減少しています。また、プロバイダーは、多くの顧客が実行可能な新プロジェクト(特に新しい移行やその他の大規模プロジェクト)を後押ししていると言います。それはそれ以上の需要がないという意味ではありません。クラウド、マネージドサービス、システムインテグレーター、ネットワーク事業者、コンテンツプロバイダーと連携するコロケーションプロバイダーにとって、まったく逆です。これらのお客様が、データセンターやネットワーク帯域幅の追加を求める声も増えています。

– Penny Jones,氏、調査ディレクター、451 Research

451 Research

451 Research – COVID-19:危機的な状況でもデータセンターの機能を継続させる

デジタルサービスは、リモートワークツール、ストリーミングおよびオンラインエンターテイメント、医療などの分野でこれまで以上に頼りにされるようになっています。この451 Researchのレポートでは、そうしたデジタルサービスを動かす「目に見えないインフラストラクチャ」について論じ、データセンタープロバイダーがトラフィックの急増にどのように対処しているか、危機発生時にすべてを稼働させるために何をしているかについて説明します。

  • 欧州の一部の国では、インターネット利用が最大50%増加しています。
  • コロケーションプロバイダーに関しては、データセンターとネットワークの帯域の追加に対する需要が増しています。
  • 一時的な急増に対応しながら、事態の収束後に顧客がCOVID-19以前のユースケースに戻れるようにすること、それは多くのマルチテナントデータセンタープロバイダーにとっての課題です。

ダウンロードリクエスト: