アナリストレポート

451 Research - 新型コロナウィルス感染症—危機的な状況でもデータセンターの機能を継続させる

お問い合わせいただき、ありがとうございます。{{resourceType}} は現在 [[ダウンロード準備完了]]

リモートワークツール、ストリーミングおよびオンラインエンターテイメント、医療などの分野では、これまで以上にデジタルサービスに依存しています。この451 Researchのレポートでは、そうしたデジタルサービスを動かす「目に見えないインフラストラクチャ」について論じ、データセンタープロバイダーがトラフィックの急増にどのように対処しているか、危機発生時にすべてを稼働させるために何をしているかについて説明します。

ハイライト

  • 欧州の一部の国では、インターネット利用が最大50%増加しています。
  • コロケーションプロバイダーに関しては、データセンターとネットワークの帯域の追加に対する需要が増しています。
  • 多くのマルチテナントデータセンター事業者は、一時的な急増に対応し、後でCOVID-19以前のユースケースに戻るという課題に直面しています。
プロバイダーは、多くの顧客が実行可能な新プロジェクト、特に新しい移行やその他の大規模プロジェクトに対してためらいを感じていると言います。ですがそれは、これ以上需要がないという意味ではありません。クラウド、マネージドサービス、システムインテグレーター、ネットワーク事業者、コンテンツプロバイダーと連携するコロケーションプロバイダーにとっては、まったく逆です。これらのお客様がデータセンターやネットワーク帯域幅の追加を求める声も増えています。
Penny Jones氏
451 Research、調査ディレクター

リクエスト:

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.