このウェブサイトは間もなく終了する予定です。言語を設定して当社のウェブサイトをご覧いただくか、スイス・ドイツ語サイトをご覧ください。

Gartner

2025年までに、インフラストラクチャ戦略の85%が、オンプレミス、コロケーション、クラウド、エッジの各提供オプションを統合してゆく。この数字は、2020年時点では20%にとどまっている。

-David Cappuccio、才あふれるVPアナリスト; Henrique Cecci、シニアディレクター、Gartner調査レポート – 「データセンターは絶やされるものではないのかもしれないが、変化しつつある(Your Data Center May Not Be Dead, but It’s Morphing)」、2020年9月17日

Gartner

Gartner - データセンターは絶やされるものではないのかもしれないが、変化しつつある

Gartnerは次のように述べています。「ワークロードの配置は、クラウドへの移行だけでなく、物理的なデータセンターではなくワークロードにもとづいたインフラストラクチャ戦略のためのベースライン構築にも関係している。そのため、I&O分野のリーダーはインフラストラクチャ戦略を再考することを迫られ、それがエンタープライズデータセンターに直接的な影響を与えている」

おもな内容:

インターコネクションとマルチテナントデータセンターへの高速エンタープライズアクセスを組み合わせる。
ネットワークを企業のもとへ運ぶという旧式のモデルではなく、マルチテナントデータセンターに配置した企業資産(コンピューティング、ストレージ、ネットワーキングなど)を含入し、企業とアプリケーションをネットワークのもとへ運ぶ。
拡張可能でアジャイルなインフラストラクチャを実現するエコシステムが必要。
ビジョン、機能、パートナーにもとづくパートナー選び。
エコシステムパートナー、特にコロケーションプロバイダーを検討する際には、パートナーの長期的な市場ビジョンや戦略の変遷を理解することが重要。

ダウンロードリクエスト: