新しい一般データ保護規制への対応として当社の個人情報保護方針を更新しました。個人情報保護方針を見る ›
gartner

短期には、光ファイバー経由のシンプルな構成と物理的な相互接続が、デジタルビジネスにデータセンターを統合ポイントまたは接着剤として使用する合理的な理由になります。データセンターの相互接続ファブリックがより普及し、APIの標準化やそれに対するアプリケーションの対応が進むと、これらの接続が活発化しスピードが増すことでさらに便利なアプリケーションの開発が促されます。最終的に、今後3~5年でコンテナオーケストレーションシステムによるデータセンターの相互接続ファブリックとの親和性や機能が発展すると、データセンター中心のモデルの利点が圧倒的となります。

出典:ガートナー「コロケーションベースのインターコネクションは、高度なデジタルビジネスアプリケーションの『接着剤』として機能」、ボブ・ギル、2017年8月10日



Gartner リポート

コロケーションベースのインターコネクションは、高度なデジタルビジネスアプリケーションの「接着剤」として機能

Digital business is enabled and enhanced through high-speed, secure, low-latency communication among enterprise assets, cloud resources, and an ecosystem of service providers and peers. Architects and IT leaders must consider carrier-neutral data center interconnection as a digital business enabler.

Gartner highlights key topics:

Digital business will require the integration of a wide variety of applications and information sources. Some will be traditional customer-owned and on-premises, while others will involve new data types and sources, as well as third-party data feeds.
It is unlikely that enterprises will be able to build rich digital business applications based solely on a traditional on-premises data center, with a limited number of data sources and applications.
The ability to integrate multiple applications, data types and data sources in a secure, predictable, lower-latency fashion will spell the difference between digital business success and failure.


ダウンロードリクエスト:

ガートナーレポート - コロケーションベースのインターコネクション