Cisco SD-WANでビジネス上の優位性とマルチクラウドアクセスを構築。

Ciscoはエクイニクスと連携し、SDN、NFV、エッジ製品機能を緊密に統合したポートフォリオを提供します。ブランチ、マルチクラウド、ハイブリッドの IT ユースケースには、物理および仮想デプロイモデルから選択できますすべてのアプリケーションに対して複数のクラウドに直接アクセスし、モバイルユーザー、デバイス、IoTと企業をリアルタイムかつ低レイテンシーで接続します。

ECX Fabric™に接続されたデバイスの70%がCiscoである

エクイニクスの戦略的な拠点配置を活用してCiscoネットワークソリューションを地域展開することで、サービスをエンドユーザーに近づけ、レイテンシーの短縮とパフォーマンスの最大化が可能になります。

特長とメリット

CAPEX(資本支出)を削減

PoPでセキュリティ対策を統合します。

セキュリティポリシーの強化

あらゆるタイプのユーザーに応じた動的なセキュリティポリシーが実現します。

適切なセキュリティを適所で確保

ブランチからコロケーション、クラウドまでに対応する完全なエッジセキュリティスタックを導入できます。

マルチクラウドアクセスに応じてデータパスを最適化

クラウド間のルーティングを介したマルチクラウドアクセスが実現します。

ブランチ展開を能率化

ネットワーク展開を最適化すれば、ユーザーとアプリとの距離が近づきます。

接続性と可用性を最大化

動的な帯域オプションにより、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

単一のダッシュボードの利便性

単一のアクセスポイントによりブランチ、コロケーション、クラウド、セキュリティを管理できます。

柔軟な展開オプション

ニーズや要件に応じて物理展開または仮想展開を選択できます。

ユーザーエクスペリエンスの向上

クラウド、IAAS、SAASアプリへのシームレスな直接接続が実現します。

関連リソース