Amazon Web Services (AWS)

エクイニクスのインターコネクションプラットフォームは、ビジネスにおける主要な15の市場でAWS Direct Connectへのグローバルアクセスを提供しています。AWS Direct Connectは、パブリックインターネットを経由せず、プライベート接続でクラウドサービスとビジネスアプリケーションの完全な統合を実現します。

AWS Direct Connectとエクイニクスのインターコネクションは、ネットワークパフォーマンスを向上し、運用コストを削減、セキュリティを強化するハイブリッドクラウドアーキテクチャを実現する理想的な組み合わせです。

AWS Direct Connect + エクイニクスインターコネクション

Platform_EQ_AWS-Update-diagram-01_0427

Platform Equinix® で稼動するAWS Direct Connectは、クラウドインフラストラクチャのメリットを最大限活用することができる接続です。パフォーマンス、セキュリティ、拡張性をもって複数の拠点にわたるビジネスアプリケーションやデータを組織し、運用します。

AWSのお客様がもつ価値を高める

遅延に影響を受けやすいアプリケーションや作業は、確実なパフォーマンスと安定した高品質のユーザーエクスペリエンスを求めています。

Interconnection Oriented Architecture™ (IOA™)をPlatform Equinixで展開し、AWS Direct Connectを活用することで、以下のメリットが得ることができます。

  • AWSへの専用、低遅延、高帯域の直接接続による予測可能なパフォーマンスおよびユーザーエクスペリエンス
  • パブリックインターネットを経由せずに、AWSにプライベート接続し、データを地域内に保持することによる高度なコンプライアンス
  • AWS近くに所在するエクイニクスのセキュアなデータセンター内で、企業はプライベートクラウドを維持し重要データを管理しながらエクイニクスの柔軟性、拡張性、コスト削減の利点を活用することができます。

専用接続とホスト型接続の提供

光栄にも、エクイニクスは先日発表された1、2、5、10GbpsのAWS Direct Connectホスト型接続を提供する新しいAWS Direct Connectサービスデリバリープログラムの初期パートナーとして認定されました。これによってお客様は世界各地ののEquinix Cloud Exchange Fabric™(ECX Fabric™)市場でAWSへの高速仮想相互接続を拡張できるようになります。

専用接続モデル:このモデルを選択した組織には、1Gbpsまたは10Gbpsの専用物理イーサネットポートが割り当てられます。それぞれの専用接続が最大50の仮想インターフェース(VIF)をサポートし、1つの物理ポートで高い接続拡張性を得ることができます。

ホスト型接続モデル:このモデルでは、企業のオンプレミス環境(エクイニクスなど)とAWS仮想プライベートクラウド(VPC)環境の間で、AWS Direct Connectパートナーがプログラムを使用してネットワーク接続を自動化できます。AWS環境およびワークロード向けの容量を管理するために必要な作業は、オンデマンドでホスト型接続を追加または削除するだけです。各ホスト型接続が1つのVIFをサポートしているので、複数のホスト型接続を購入することで、複数のVIFを取得できます。

低レイテンシーの高速接続が必要なワークロードの移行を検討している企業は、Direct Connectを通じて以下を利用できます。

  • AWSツールを活用したデータベース(Oracle、Microsoft SQLなど)
  • オンプレミスのVMwareおよびSAPアプリケーション(HANAなど)のAWSへの移行 
  • ミッションクリティカルなアプリケーション(特にVMwareおよびSAPをベースとするもの)向けのハイブリッド/マルチクラウドアーキテクチャ
  • 事業継続性と災害復旧環境

AWSは最近、新規のDirect Connectパートナーに対しては、第3のモデルであるホスト型仮想インターフェースをサポートしないことを発表しています。

最も広範な市場を網羅するサービス提供エリア

AWS Direct Connectサービスは現在、アムステルダム、シカゴ、ダラス、フランクフルト、ロンドン(EU West - アイルランドおよびEU West - ロンドン)、ロサンゼルス、ミュンヘン、大阪、サンパウロ、シアトル、シリコンバレー、シンガポール、シドニー、東京、香港、ワシントンD.C./バージニア北部、ドバイ、ヘルシンキ、マドリード、マンチェスター、パリ、ワルシャワ、ストックホルム、マイアミ、リオデジャネイロ、GovCloudに所在するエクイニクスInternational Business Exchange™ (IBX®)データセンターで提供されており、どのデータセンタープロバイダーよりも多くの市場を網羅しています。

Direct Connect for AWS GovCloudはサンノゼのエクイニクスSV5で専用接続としてご利用いただけます。ECXFのグローバル拠点を使用しているエクイニクスのお客様は、エクイニクスのグローバルネットワークまたはAWSゲートウェイネットワークサービスを活用してDirect Connectによる接続でGovCloudを利用できます。Direct Connect for GovCloudの詳細およびベストプラクティスについては、ECXF Documentation Centerをご参照ください。AWS Direct Connectを介したITAR(International Traffic in Arms Regulations)接続は、SV5経由でのみ提供されています。

Map of Americas


日本でのAWSコンサルティングおよびインテグレーションサービス

エクイニクス・ジャパンは、オンプレミスからAWSへのサーバーリソースの移行を支援するクラウドコンサルティングおよびインテグレーションサービスを提供しています。

エクイニクス・ジャパンはAWSセレクトコンサルティングパートナーであり、AWSサービスデリバリープログラム「Amazon EC2 for Windows Server」に参加しています。Microsoft Windows ServerおよびSQL Serverの移行に必要な専門知識を持つ当社は、Windows 2008およびSQL Server 2008のパフォーマンス評価、チューニング、サポート終了への対応を含む包括的な管理を提供します。