May 17, 2021

エクイニクス、Managed Serviceを拡充し 企業のクラウドエッジを支える 新たなサポートサービスを国内で提供開始

世界的なデジタルインフラストラクチャー企業であるエクイニクス(Nasdaq:EQIX、日本法人代表取締役社長 小川 久仁子、以下「エクイニクス」)は本日、マネージドサービスを拡充し企業のエッジコンピューティング環境(以下、エッジ環境)を容易に効率化する4種類のサポートサービスの提供開始を発表します。

デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現させるためパブリックやマルチクラウドへのシフトが加速する中、企業はクラウド環境の構築や導入、安定性確保のための運用監視に要する煩雑な手間や高いコスト、長期リードタイムといった多くの課題に直面しています。これらの問題を解決するため、エクイニクスは、Platform Equinix®上に仮想ネットワーク機能をオンデマンドで構築・運用できるNetwork Edgeや、インターコネクション(相互接続)上で統合接続されたオンデマンドベアメタル機能を有するエッジサービスEquinix Metal™を提供しています。東京においてNetwork Edgeは2021年4月に提供を開始済みであり(大阪は2021年第4四半期に提供予定)、Equinix Metalは2021年6月に提供開始予定(大阪は2022年に提供予定)です。

この度、エクイニクスは、上記サービスの提供開始にともない、お客様向けに技術力と運用との両面で支援するマネージドサービスであるNetwork Edgeと Equinix Metal の導入・運用を支援する「Network Edgeサポートサービス」と「Equinix Metalサポートサービス」に加えて、SDNベースのインターコネクションサービスの設定をサポートする「Equinix Fabric™接続設定サービス 」、時刻同期サービスのサポートをする「Equinix Precision Time™サポートサービス」の4種類のサポートサービスの提供を開始します。これらは組み合わせて利用することが可能であり、お客様はエッジにおけるサービスの初期導入の手間を削減し、可用性を維持するための監視と運用管理をワンストップで継続的に行うことができます。

新たに提供するサポートサービスの概要は以下の通りです。

  • Network Edgeサポートサービス: 提供開始2021518
    Network Edgeは、仮想ネットワーク機能をオンデマンドで利用することができるサービスです。
    本サポートサービスのポイントは以下の通りです。
    • Network Edge Enabled Support (初期導入サービス): Network Edge導入に伴う初期設定や構成を支援するリモートサービス。利用環境に合わせて仮想デバイスを正確かつ迅速に設定実装し、様々な接続課題を解決します。
    • Network Edge Extended Support (初期導入+月次サービス): 上記初期導入サービスに加え、お客様に代行して仮想デバイスの継続的なトラブルシュート、設定変更や監視(別途追加契約)を行うマネージドサービスです。

なお、エクイニクスは現在世界15の拠点でNetwork Edgeを提供しています。本サポートサービスを利用することで、グローバルでビジネス展開している企業は世界各拠点で提供しているNetwork Edgeを日本から一元的に導入から運用管理までサポートすることができます。お客様は海外拠点への社員派遣やデータセンター利用をすることなく、クラウドを活用したエッジ環境の利用が可能となります。

  • Equinix Fabric接続設定サービス: 提供開始2021518
    Equinix Fabricは、IBX®データセンター(IBX)で利用可能なSDNベースのオンデマンドインターコネクションサービスです。
    本サポートサービスのポイントは以下の通りです。
    • Equinix Fabricを経由したエクイニクスの各サービスと顧客キャビネット等の接続を初期構築から利用開始までトータルでサポート。
    • Equinix Fabric™を経由したEquinix Precision Time™、Network Edge、Equinix Metal™、監視サービス(On-Site Monitoring)など、エクイニクスの各サービスとの接続をサポート。
    • AWS/Microsoft Azure/IBM Cloud/Oracle OCI/ Google Cloud Platform/ニフクラ(富士通クラウドテクノロジーズ)などの主要パブリッククラウドに対応。
    • Extended Support Service(年間サポート)を利用することで、Equinix Fabric™を利用の顧客に継続的なサポートを提供し、要望に応じた設定代行や技術面での問い合わせに対応。
    • 海外拠点のNetwork Edgeのデバイスとの接続作業も日本からリモートで対応可能。
       
  • Equinix Precision Timeサポートサービス: 提供開始2021518
    Equinix Precision Time(EPT)は、業界初の高精度なTime as a Service(サービスとしての時刻)機能を数分で導入することで正確で信頼性の高い安全な時刻同期を実現するサービスです。EPTはPlatform Equinix上で展開され、企業はソフトウェアデファインドのネットワーク接続サービスEquinix Fabric経由で利用することができます。本サポートサービスは、EPTの円滑な利用開始と安定的運用を提供します。
    本サポートサービスのポイントは以下の通りです。
    • Equinix Fabric™経由で顧客のレイヤー3スイッチとEPTとの接続、EPTの設定作業、レイヤー3スイッチのPrecision Time Protocol(PTP)/マルチキャストルーティングの設定を代行。
    • Cabinet内のネットワーク機器の初期設置、運用、障害対応を実施。
    • エクイニクスのIBX内の顧客システムやパブリッククラウド環境(IBX経由)などを24時間365日監視し、障害発生時は電話/メール/チャットツールなどで通知。
    • PTP対応のハードウェア(サーバー/ルーター/レイヤー3スイッチ)の導入やリプレースを希望する顧客に希望するハードウェアをレンタル提供。
       
  • Equinix Metalサポートサービス: 提供開始予定日202171
    Equinix Metalは、インターコネクションで統合接続された高性能なベアメタルサーバーをオンデマンドで展開できるサービスです。ユーザーインターフェイスからクリックするだけで、グローバルネットワークに接続でき、APIや共通ライブラリを用いたプロビジョニングやオープンソースソフトウェアの活用が可能です。
    本サポートサービスのポイントは以下の通りです。
    • Equinix Metal Enabled Support (初期導入サービス):Equinix Metalの初期設定。OSの初期インストールおよびセキュリティ設定を行います。
    • Equinix Metal Extended Support (初期導入+月次サービス):上記初期導入サービスに加えて継続的なトラブルシュート、設定変更や監視(別途追加契約)を行うマネージドサービスです。

※Equinix Metalは、20216に提供開始予定です。一方Equinix Metalサポートサービスの提供開始予定日は前述の通り202171です。

エクイニクスの上記サービスは、以下のようなお客様に対してとりわけ大きなベネフィットをもたらすと考えています。

  • ITインフラストラクチャーをクラウドベースやハイブリッドクラウドに移行することを検討している企業のお客様
  • 既存IBX®データセンターのコロケーションユーザーに限らず、新規のCSP(コンテンツサービスプロバイダー)オンランプ環境を直ぐに構築したい企業のお客様
  • 日本国内だけでなくクロスボーダーに海外支社やサービスの展開を統合的かつ効率的に実行したい企業のお客様
  • ネットワークやCSPの知識あるいは管理者不足による自社サービスの最適化やCSP利用、ネットワーク構成に悩みを抱える企業のお客様
  • 海外のデータセンター利用や複雑なサービス体系によるコスト高を解消したい企業のお客様
  • 幅広いラインアップから柔軟にベンダーと機器を選択して仮想ネットワーク環境を構築したい企業のお客様
  • DXの鍵となるAgile/DevOps環境の構築を積極的に推進する上で、インフラストラクチャー構築をアウトソースしたい企業のお客様

コメント

  • エクイニクス日本法人 代表取締役社長 小川久仁子
    「デジタル社会ではデータをいち早く分析し利用者に新たな価値をリアルタイムで提供していくことが重要ですが、膨大なデータをクラウドに転送する際、低レイテンシーの担保やコストの抑制がポイントとなります。そのため、データが生成されるユーザーの近くにエッジデータセンターを配置し、ワークロードをエッジ環境に分散させる必要があります。こうしたエッジファーストの実現方法として、エッジとクラウド間の物理的距離による問題を解決する近接性と中立性を兼ねそろえたデジタルエッジという新たなフレームワークを企業は整える必要があります。エクイニクスの強みは企業のデジタルエッジ実現をグローバル規模で包括的に支援する豊富なサービスやサポートにとどまらず、ユーザーのニーズに基づく課題解決や最適な提案ができる経験豊かなエッジスペシャリストが国内に多数いることです。引き続き、変化の激しいビジネス環境に柔軟に対応できる先進的なデジタルエッジサービスをグローバル規模で鋭意ご提供してまいります。」

関連資料 

以上

エクイニクスについて
Equinix(Nasdaq:EQIX) は世界的なデジタルインフラストラクチャー企業として、デジタル変革を志す全ての企業に対し、必要なインフラストラクチャーを相互接続することが可能な高信頼のプラットフォームを提供します。エクイニクスにおいて企業のお客様は最適な場所で適切なパートナーとつながり、ビジネスの優位性を加速させ、成功の可能性を最大化することが可能です。エクイニクスはお客様がビジネス規模を拡大し、デジタルサービスを開始・拡張し、エンドユーザーへ最高レベルの体験を提供することを可能にします。これらを通して、エクイニクスはお客様の企業価値向上に貢献します。

将来の見通しに関する記述について  
本ニュースリリースには、リスクおよび不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれております。こうした将来の見通しに関する記述において言及されている予測と実際にもたらされる結果との間には、大幅な相違が生じる場合があります。そのような相違を生じさせる要因としては、IBXデータセンターの買収・運営・建築での問題、Equinixの製品およびソリューションに関する開発、設置、および提供上の問題、エクイニクスがすでに買収した、もしくは今後買収する企業との統合に関連して発生する想定外の費用または問題、最近建設したもしくは取得したデータセンターにおけるお客様からの収益の大幅な欠如、適宜計画される資金調達の未完遂、既存の競合先ないし新規競合先との競争、キャッシュフロー余力の十分性あるいは未払負債ないし新規の負債を返済するための資金調達能力、主要なお客様とのビジネスにおける損失あるいは減退、REIT(不動産投資信託)としての税制に関連するリスク、Equinix, Inc.が米国証券取引委員会に適宜提出する資料に記載されているその他のリスクが含まれますが、これらに限定されません。詳細については、Equinix, Inc.が米国証券取引委員会に提出した直近の四半期報告書および年次報告書をご参照ください(ご要望に応じ、Equinix, Inc.より入手可能です)。エクイニクスは、このニュースリリースに含まれる将来の見通しに関する情報を更新するいかなる義務も負いません。

本リリースに関するお問合せ

エクイニクス・ジャパン株式会社
コーポレート・コミュニケーション
清水 桃香
Email: Apac-jp-comm@ap.equinix.com

エクイニクス・ジャパン株式会社 
PR代理店 ウェーバー・シャンドウィック 辻、阿部
Tel: 090-9006-6274, 090-9006-5841
Email: equinixjp_pr@webershandwick.com