エクイニクス ニュースルーム

最新のアップデート、プレスリリース、および発表。

 

エクイニクス・ジャパンのリーダーを知る - 代表取締役社長 小川久仁子

最新の機能

エクイニクス・ジャパンのリーダーを知る - 代表取締役社長 小川久仁子

インスピレーションとイノベーションの国として知られる日本は、常に新しいアイデアとテクノロジーで世界を魅了してきました。今回の「リーダーを知る」シリーズでは、私ことアジアパシフィック地域担当プレジデントのジェレミー(以下JD)が、エクイニクス・ジャパンの小川久仁子代表取締役社長(以下小川)に、日本のIT業界の動向や、彼女のキャリアに影響を与えた経験について色々伺います。

JD 「小川さんがエクイニクスに入社してから半年以上が経ちました。最初の100日間で特に印象に残ったことを3つ教えてください。」

小川 「まず初めにカルチャーです。エクイニクスの素晴らしいカルチャー、とりわけ、米国の本社から発せられる全世界の社員に向けたメッセージに何度も感動しました。何故こんなに感動するのか色々考え、いくつかのFindingsがあることに気づきました。まず、そのメッセージの内容です。いわゆる杓子定規なものではなく、心のこもったメッセージなのです。また、そのメッセージが絶妙なタイミングで社員に向けて発信される点です。口先だけでカルチャーを語る会社とは全く異なり、全社をあげてカルチャーにかなりの時間を費やしていること、そして社員の誰もがこのカルチャーこそがEQのDNAそのものだと認識していること、このEmployee Engagementの高さに心から感動しました。

二つ目は、データセンタービジネスへのイメージが180度変わったことです。私の従来のイメージは、サーバーファームをベースとしたコロケーションビジネスという理解だったのですが、都心型で、ネットワークリッチ、クラウドハブとしての役割をもつ、いわゆるDXを下支えするプラットフォームビジネスであること、そしてオンプレミスのデータセンターに取って代わるものではなく、むしろオンプレミスに付加価値をつける役割を担っているとわかった時は、なるほどと納得しました。

三つ目は、日本への投資です。私の担当しているメトロ(都市圏)は東京と大阪ですが、東京は全世界のメトロの中でも高いビジネスポテンシャルがあります。そして大阪も大きな成長可能性があり、戦略的に重要なメトロです。エクイニクスのグローバルカバレッジの中で、一国のメトロ全てが高い戦略的重要性を持つ国は珍しいといえます。その意味で日本のビジネスには大きな期待が寄せられていますし、私は日本の責任者として大きな責任も感じています。この社内外からの高い期待に答えるべく、日本チーム一丸となって、ビジネスを牽引していきたいと考えています。」

続きを読む(英語)
ブログにアクセス

最新のプレスリリース

Equinixに関するニュース

導入事例

Equinixを利用することで、最も重要なネットワークプロバイダーに近接した運用が可能になり、コンテンツとエンドユーザー間の最短経路を保証できるプラットフォームの利用が可能となりました。
Dave Temkin
Vice President of Network and Systems Infrastructure

「Equinixのグローバルプラットフォームは全体での一貫性が取れているので、私たちはすべてを非常に簡単に処理できます。
Zak Pierce(ザック・ピアス)
データセンターオペレーションマネージャ

報道関係お問い合せ

北米・南米

press@equinix.com

アジア・パシフィック

LEWIS PR

EquinixAPAC@lewispr.com

ヨーロッパ

APCOワールドワイド

equinix@apcoworldwide.com

アナリスト関係

analystrelations@equinix.com